広島の頼れるかかりつけ医&病院・医院・クリニックに出会える健康情報サイト


広島の頼れるかかりつけ医&病院・医院・クリニックに出会える健康情報サイト 広島ドクターズ

 

病名・症状・キーワードからお医者さんレポートを探す かかりつけ医は、「病気を治す」だけでなく、「病気を近づけない」ための強い味方。信頼できるかかりつけ医を見つけることは、大切な家族の健康を守る安心の第一歩なのです。 広島県では、県民一人ひとりががんをより身近なものとして捉え,がん検診の重要性についての意識が高まるよう、がん検診の普及啓発や受診率の向上に力を入れています。 広島ドクターズのサイト運営会社「株式会社和多利」は、広島県「がん検診へ行こうよ」推進会議会員に所属しており、広島ドクターズを通じて広島のがん検診受診率アップに貢献したいと考えています。



広島の病院・医院をエリア別に探す
広島の病院・医院を診療科目別に探す
 
今月のピックアップレポート
進化する歯科治療「レーザー治療」「口腔内細菌管理」について
進化する歯科治療「レーザー治療」「口腔内細菌管理」について
 本山 智得 先生
(本山歯科医院)
 
よく検索されている病名・症状
咽喉頭異常感症((常に)喉(の奥)が詰まった感じ 引っかかる感じ 飲み込み 違和感 異物感 飲み込みにくい (髪の)毛がある感じ 喉に何かくっついてる感じ 常に喉に違和感)

過活動膀胱(尿意切迫感 原因 ストレス 歩くと尿意)

乳がん(初期 治療 早期発見 早期乳がん 初期の乳がん)

貧血 息切れ 血が止まりにくい

形成外科って何

胃の不調(吐き気 胃が変(な感じ)違和感 胃がおかしい 胃もたれ 頻繁 胃もたれみたいな気持ち悪さ)

ウイルス性胃腸炎(嘔吐 下痢 (高)熱 発熱 子供)

尋常性疣贅(子ども 魚の目)

子宮筋腫(5センチ 経過観察 大きさ 6センチ 1センチ 健康診断 2センチ 様子見 手術 7センチ 子宮筋腫の疑い 子宮筋腫があると言われたら そのまま 問題ない 8センチ)

小児てんかん(てんかん 子供 てんかん発作 症状 原因 子供のてんかん 突然倒れる病気)

関節リウマチ(朝起きると関節が痛い 朝のこわばり 寝起き 朝 指の関節が痛い 夕方 指 こわばり)

摂食障害(食べて吐く 病気 食べる 罪悪感 吐く 食べて吐いての繰り返し 食べたら吐いてしまう)

膀胱炎(大腸菌)

変形性膝関節症(膝が重い 違和感)

不安障害(胸苦しい 息苦しい 緊張 急に緊張するようになった 急に不安になる 強迫性障害 動悸 不安 過呼吸 不安になると過呼吸)

流涙症(涙腺 詰まる 原因 涙腺が詰まる)

メニエール病((発)熱 耳の圧迫感 耳が遠くなる めまい 耳閉感)

脳神経内科とは(脳神経症状 病気)

甲状腺ホルモン異常

ほくろがん(ほくろ 滲出液 真っ黒なほくろ)

小児歯科矯正(矯正 何歳から)

気管支喘息(咳が止まらない)

機能性ディスペプシア(吐き気 機能性胃腸症 再発)

心の不調予防(精神病にならないために 現代 精神病 精神疾患 予防)

頭部外傷(たんこぶ すぐ消えた 打ち所が悪い どこ 頭 打ち所)

白内障(水晶体 にごり)

胆石症(気持ち悪い 血液検査異常なし)

前立腺肥大(40代)

睡眠時無呼吸症候群(寝息がおかしい)

 

自分にあったかかりつけ医をみつけよう!広島の医院・病院ガイド

自分にあったかかりつけ医をみつけよう!

西原セントラルクリニック(安佐南区)
西原セントラルクリニック(安佐南区)
よしだハートクリニック(中区)
よしだハートクリニック(中区)
医療法人 崇光会 山村整形外科
医療法人 崇光会 山村整形外科(佐伯区)
 
新着お医者さんレポート
 
【広島ドクターズは暮らしに役立つ広島の地域医療情報が満載。その病気とは?どんな症状は?どんな治療をするの?予防ついて、広島のドクターが知りたい医療情報をレポート発信。広島の病院検索も広島ドクターズで】
【広島ドクターズは暮らしに役立つ広島の地域医療情報が満載。その病気とは?どんな症状は?どんな治療をするの?予防ついて、広島のドクターが知りたい医療情報をレポート発信。広島の病院検索も広島ドクターズで】
【広島ドクターズは暮らしに役立つ広島の地域医療情報が満載。その病気とは?どんな症状は?どんな治療をするの?予防ついて、広島のドクターが知りたい医療情報をレポート発信。広島の病院検索も広島ドクターズで】
 

【広島ドクターズは暮らしに役立つ広島の地域医療情報が満載。その病気とは?どんな症状は?どんな治療をするの?予防ついて、広島のドクターが知りたい医療情報をレポート発信。広島の病院検索も広島ドクターズで】
【広島ドクターズは暮らしに役立つ広島の地域医療情報が満載。その病気とは?どんな症状は?どんな治療をするの?予防ついて、広島のドクターが知りたい医療情報をレポート発信。広島の病院検索も広島ドクターズで】
広島のクリニックの先生を取材。病気の原因や症状、検診、地域医療のことを分かりやすく記事にまとめました。【お医者さんレポート】|病気や症状。治療や予防に役立つ 病院・医院・クリニック情報サイト『広島ドクターズ』

お医者さんレポート

広島の医師を取材して、病気の原因や症状、検診、地域医療のこと、先生の患者に対する思いなどを記事にまとめました。
エリアと診療科目を絞ってレポート一覧を検索することができます。

★エリア(広島)
★診療科目
キーワード検索
該当 116件   1   2   3   4   5   6   7  

話を聴く、手当てをする、患者さん目線の医療|石川 哲大 先生|石川内科外科クリニック(佐伯区・海老園)

地域医療の本質とは。緩和ケアや自律神経失調に必要なこと。|石川内科外科クリニック|石川 哲大 先生|広島ドクターズ(広島の先生に聞いた病気や症状 治療・予防・病院情報)
地域医療の本質とは。緩和ケアや自律神経失調に必要なこと
総合病院外科のトップとして長年勤め、地域医療で全国的に有名な尾道での緩和ケア経験を通し、医療の進歩や環境の変化に伴い出てきた問題を見つめる石川哲大先生。
2014年に開業された佐伯区海老園「石川内科外科クリニック」で、本当に大切な医療とはなにか、地域医療の本質とはなにかを考えた診療を実践されています。
日本緩和医療学会の緩和ケア指導者研修修了という最も進んだ資格を持ち、今年の第29回日本医学会総会のシンポジウムでは、尾道における在宅緩和ケアについて発表されました。
そんな石川先生が考える地域医療とは?また、データ上は異常がないのに体調が悪い、めまいや頭痛がする…といった自律神経失調への対応についてもお伺いしました。

レーザー治療/口腔内細菌管理|本山 智得 先生|本山歯科医院(中区・上八丁堀)

痛みを感じにくく切削音や振動が少ない。切断面がきれいな歯科用レーザー。お口の中から健康になる口腔内細菌管理。|本山歯科医院|本山 智得 先生|広島ドクターズ(広島の先生に聞いた病気や症状 治療・予防・病院情報)
進化する歯科治療。「レーザー治療」「口腔内細菌管理」について
技術の進歩に伴い、歯科治療の選択の幅はぐんと広がりました。その中でも、どのような治療ができるのか気になる人が多いのが、「レーザー治療」。導入する歯科医院が増え、レーザーを希望される患者さんも多いようです。
今回は、中区上八丁堀にある「本山歯科医院」の本山智得院長に、歯科レーザー治療で期待できる治療やメリットを伺いました。
また、「バクテリアセラピー」として女性雑誌に取り上げられ、多くの女性に注目されている「口腔内細菌管理」についても教えて頂きました。
本山先生は、広島県警察歯科医会専任理事を務め、安佐南区で発生した土砂災害の際は、被害に遭われた方の身元特定に尽力されたそうです。検案検死という歯科医師のお仕事についても、お話を聞かせて頂きました。

小児てんかんについて|村木幸太郎 先生|むらき小児科(西区・庚午北)

有病率は100人に1人。子どもに多い神経の病気「てんかん」|むらき小児科|村木幸太郎 先生|広島ドクターズ(広島の先生に聞いた病気や症状 治療・予防・病院情報)
有病率は100人に1人。子どもに多い神経の病気「てんかん」
大人よりも子どもの方がかかりやすい、てんかん(癲癇)。てんかんは、けいれんを起こして突然倒れるイメージが強いですが、てんかんには多くの種類があって発作の現れ方は様々です。
例えば、子どもがぼんやりしていることが増えたのは、集中力が足りないせいだと思っていたら、一時的に意識を失うてんかん発作を繰り返していることもあるそうです。
今回は、西区にある「むらき小児科」を訪れ、てんかんや発達障害などの小児神経に詳しい、村木幸太郎院長に小児てんかんについて伺いました。
てんかん発作は前ぶれもなく現れることが多く、突然わが子にけいれんが起こると、お母さんはパニックになってしまいます。そこで、てんかん発作や熱性けいれんが起こった時に、どのように対処すれば良いかも教えて頂きました。

赤ちゃんの症状と対応|中村和洋 先生|いちごこどもクリニック(安佐南区・川内)

赤ちゃんの症状と対応 ・・・発熱、咳、鼻水、消化器症状(嘔吐、便の色、黄だんなど)、皮膚の症状(湿疹、母斑など)、臍(へそ)の症状、陰部の症状、眼の症状(眼脂、結膜出血、眼の動き)口の症状(歯肉の異常、カンジダ感染)|いちごこどもクリニック|中村和洋 先生|広島ドクターズ(広島の先生に聞いた病気や症状 治療・予防・病院情報)
少し気になる赤ちゃんの症状と対応について
育児には不安がつきもの。特に、赤ちゃんの様々な症状で悩むお母さんは多いと思います。
今回のレポートは、安佐南区川内に開院したばかりの「いちごこどもクリニック」を訪れ、院長の中村和洋先生に、生後1歳までに多い赤ちゃんの症状と対応についてお話を伺いました。
大学病院では生まれつきの病気や小児がんなど、難治性疾患の診療に携わってこられた中村先生。数多くの乳児健診にも立ち会い、その際、赤ちゃんの臍(へそ)の症状や男の子の陰部の症状、便の色について質問されることが多かったそうです。
そこで、母子手帳や育児書に載っている一般的な症状以外で、赤ちゃんに多い症状について、分かりやすく解説して頂きました。

歯周病とインプラント治療|中田正樹 先生|ブライトデンタルクリニック(中区・三川町)

歯を残す治療も、インプラント治療も、決め手となるのは「歯周病治療」|ブライトデンタルクリニック|中田正樹 先生|広島ドクターズ(広島の先生に聞いた病気や症状 治療・予防・病院情報)
歯を残す治療も、インプラント治療も、決め手となるのは「歯周病治療」
いつまでも健康な自分の歯でいられるために、歯周病の予防と治療は欠かせません。また、インプラント治療を安全に行うためにも、術前術後の確実な歯周病治療が絶対条件になるそうです。
今回伺ったのは、中区三川町にある「ブライトデンタルクリニック」。アメリカで歯周病の知識を専門的に学んだ経験を持つ中田正樹院長に、歯周病とインプラント治療の密接な関係についてお話頂きました。
歯周病菌の徹底除去を優先した治療計画によって、様々な症例のインプラント治療を手掛けてこられた中田先生は、歯周病・インプラント治療のスペシャリストです。日本では歯周病治療が適切に行われていない現実や、賛否両論のあるインプラント治療の問題点など、興味深い話も聞かせて頂きました。

放射線科の画像診断|東和義 先生|あずまクリニック 放射線科内科( 南区・段原)

CT、MRI、エコーの画像診断と丁寧な問診で早期発見!|あずまクリニック 放射線科内科|東和義 先生|広島ドクターズ(広島の先生に聞いた病気や症状 治療・予防・病院情報)
CT、MRI、エコーの画像診断と丁寧な問診で早期発見!
CT、MRI、エコーなどの画像診断で、全身の疾患を見付ける放射線科。何の病気か全く分からないところから病気を見立てていくには、確認作業の積み重ねが必要で、画像診断だけでなく丁寧な問診が欠かせないそうです。
今回は、南区段原にある「あずまクリニック 放射線科内科」の東和義院長に、検査機器の説明や自分にあった検診項目の選び方、地域の放射線科クリニックとしての役割などをお話頂きました。
早期発見で多くの人を病気から救いたいという放射線診断医としての思いと、病気に対して不安を抱いている人に、「怖い病気ではありませんよ」と検査結果を分かりやすく伝えて、安心してもらいたいという地域のクリニックとしての東先生の思いが伝わってきます。

子どものアトピー性皮膚炎|坂谷達一郎先生|さかたに小児科(南区・宇品)

子どものアトピー性皮膚炎は食べ物アレルギーが原因|さかたに小児科|坂谷達一郎先生|広島ドクターズ(広島の先生に聞いた病気や症状 治療・予防・病院情報)
子どものアトピー性皮膚炎は食べ物アレルギーが原因
早い子で生後2、3週間から症状が現れるアトピー性皮膚炎。原因や治療方法が確立されていないことから、病気にかかったお子さんと、なんとかしてあげたいと願うお母さんを苦しめる病気です。
今回は、南区宇品神田にある「さかたに小児科」を訪れ、アトピー性皮膚炎に苦しむ子どもたちの治療に積極的に取り組んでおられる坂谷達一郎院長を伺いました。「自己血療法」などの新しい治療法を取り入れ、体の中からアレルギー体質を改善していく治療を基本とする坂谷先生のもとには、遠方からも多くの患者さんが通院しています。
食べ物アレルギーが原因で起こる乳幼児期のアトピー性皮膚炎について、そのメカニズムや治療法など、興味深いお話を聞かせて頂きました。

乳がん検診について|長野晃子 先生|ひろしま駅前乳腺クリニック(南区・松原町)

 乳がんは早期発見で適切な治療を受ければ、9割以上が治る病気。しこり、乳頭からの出血など、乳房に異常がある場合はもちろん、自覚症状がなくても、定期的に乳がん検診! ひろしま駅前乳腺クリニック|長野晃子 先生|広島ドクターズ(広島の先生に聞いた病気や症状 治療・予防・病院情報)
忙しくても症状がなくても、絶対に受けなきゃ! 乳がん検診
女性のがんの中で最も多い「乳がん」。乳がんから健康を守るためには、「早期発見・早期治療が1番」というのは、女性の皆さん、すでにご存じだとは思いますが、「忙しい、恥ずかしい、症状がない」などの理由で、ついつい後回しにしてしまっている人も…。
今回のレポートは、福屋広島駅前店8Fにある、「ひろしま駅前乳腺クリニック」の院長、長野晃子先生に、乳がん検診について伺いました。乳がん検診の重要性はもちろん、無症状の方が何となく受けた検診でがんが見つかることも多いという話を聞けば、「乳がんは他人事ではいない」と思って頂けるのではないでしょうか。
同じ女性として、少しでも多くの方を乳がんから守りたいという、長野先生の思いが伝わるレポートです。

子宮筋腫について|藤東淳也 先生|藤東クリニック(安芸郡・府中)

経過観察でいいの? 子宮筋腫の正しい知識を知りましょう。|藤東クリニック|藤東淳也 先生|広島ドクターズ(広島の先生に聞いた病気や症状 治療・予防・病院情報)
経過観察でいいの? 子宮筋腫の正しい知識を知りましょう
子宮筋腫が原因で月経痛や貧血で苦しんでいる人もいれば、症状がほとんどなく「経過観察」と言われてそのままの人も・・・。
子宮筋腫は、婦人科系の疾患の中でも頻度が高く、誰にでもかかるありふれた病気ですが、どんな時に治療が必要になるのか、知らない方も多いようです。
そこで、今回は「藤東クリニック」の院長、藤東淳也先生に、子宮筋腫の症状や治療についてお話を伺いました。
藤東先生は、全国に330名ほどしかいない「日本産科婦人科内視鏡学会技術認定医」の資格を持つ、婦人科良性腫瘍の内視鏡手術のエキスパート。女性特有の疾患だからこそ、手術の際に心掛けていることなどもお話し下さいました。

子どもの発達|野村真二 先生|こころ・チャイルド・クリニック(安佐南区・伴南)

お母さんが笑顔になる、育てにくい子どもの上手な育て方|こころ・チャイルド・クリニック|野村真二 先生|広島ドクターズ(広島の先生に聞いた病気や症状 治療・予防・病院情報)
お母さんが笑顔になる、育てにくい子どもの上手な育て方
「育てにくい」と感じるのは、間違った子育てをしているから? それとも、こころの発達に問題があるのかしら?
育児を楽しみたいのに、イライラしたり心配してばかりと言う方に、今回は、「こころ・チャイルド・クリニック」の院長で、「子どもの心相談医」の資格をもつ野村真二先生を伺い、上手な子育てのアドバイスを教えてもらいました。
小児科は子どもが病気にかかった時や健診で行くところですが、育児の悩みや心の発達相談にものってくれる、子育てママ・パパの応援団でもあるのですよ。
子育てに正解も不正解もありませんが、今の育児に問題や疑問を感じている方にとって野村先生のお話が少しでも参考になればと思います。

海外の感染症について|小田健司 先生|おだ内科クリニック (中区・幟町)

海外渡航者の健康をサポートしてくれる「渡航外来(トラベルクリニック)」|おだ内科クリニック | 小田健司  先生|広島ドクターズ(広島の先生に聞いた病気や症状 治療・予防・病院情報)
海外渡航者の健康をサポートしてくれる「渡航外来(トラベルクリニック)」
海外滞在中に、最も気を付けたいのは感染症です。国内で感染者が出て話題になっているデング熱も注意したい感染症のひとつで、海外で健康に過ごすためには感染症に対する予防と、事前に渡航先の情報を確認しておくことが大切です。
そんな渡航者の強い味方になってくれるのが、渡航外来(トラベルクリニック)です。ワクチン予防接種をはじめ感染症流行情報の提供など、渡航者の健康をサポートしてくれる医療です。
今回は、中区幟町にある「おだ内科クリニック」の小田健司院長に、海外でかかりやすい感染症をいくつか教えて頂き、予防のためのアドバイスを伺いました。渡航予定のある方は、ぜひ参考にしてください。

心の病の予防|上西清 先生|緑井メンタルクリニック(安佐南区・緑井)

ストレスの多い現代社会。うつ病、不安障害、パニック障害などの心の病にならないための予防をアドバイス|緑井メンタルクリニック|上西清 先生|広島ドクターズ(広島の先生に聞いた病気や症状 治療・予防・病院情報)
心の不調(うつ病・不安障害・パニック障害)を予防しよう!
精神疾患で医療機関にかかる患者数は、320万人を超えました。その数はがん患者の2倍以上で、「現代の国民病」と言われる糖尿病の患者数よりも多いことになります。ストレスの多い現代社会において、うつ病、不安障害、パニック障害などの心の病にかかることは珍しいことではなくなってきました。
そこで今回のレポートは、「緑井メンタルクリニック」の上西清院長先生に、心の病を近づけないためのアドバイスを伺いました。
これまで多くの患者さんを診てこられた上西先生がすすめるのは、「いい加減に生きる7条」。そこには、「もっと楽をして、生きることそのものを楽しんでください」という、上西先生の思いも込められています。

糖尿病について|日域邦昭 先生|西原セントラルクリニック(安佐南区・西原)

インスリン作用の不足が原因で起こる糖尿病。この病気の怖いところは自覚症状がないまま進行し、糖尿病特有の合併症「糖尿病性網膜症」、「糖尿病性腎症」、「糖尿病性神経障害」を引き起こすこと。動脈硬化症を促進するため、心|西原セントラルクリニック|日域邦昭 先生|広島ドクターズ(広島の先生に聞いた病気や症状 治療・予防・病院情報)
初期症状がないからこそ糖尿病は怖い病気です
糖尿病は誰もが知っている有名な病気です。「最近、血糖値が高くて」とざっくばらんに話す人も多いので、糖尿病が深刻な病気であるという実感があまりないという人もいるかもしれませんが、糖尿病を甘く考えてはいけません。
今回のレポートは、安佐南区西原にある西原セントラルクリニックの日域邦昭先生に、糖尿病について伺いました。
糖尿病のメカニズムや高血糖を放置しているとどうなるかなど、日域先生の記事を読めば、糖尿病が怖い病気であることが理解できると思います。健康診断で血糖値が高めだと指摘を受けた方、肥満気味の方、糖尿病の家族歴のある方は必読です。

ドライアイとオルソケラトロジーについて|山村 基成先生|山村眼科(東区・若草町)

眼の現代病「ドライアイ」/新しい視力矯正「オルソケラトロジー」|山村眼科|山村 基成 先生|広島ドクターズ(広島の先生に聞いた病気や症状 治療・予防・病院情報)
眼の現代病「ドライアイ」/新しい視力矯正「オルソケラトロジー」
涙は目を守るバリアの役割を果たします。その涙の分泌量が減ったり、量は十分でも涙の質が低下することによって、涙の表面を潤す力が低下した状態を「ドライアイ」と言います。
以前は病気としての認識が低く、ドライアイは目の不快感として軽視されがちでしたが、最近では知らない人はいないくらいドライアイという言葉も定着しました。それもそのはずで、現在ドライアイの国内患者数は800万〜2,200万人にのぼり、オフィスワーカーの3人に1人がドライアイに苦しんでいるといった報告もあります。
デジタル化が進む現代社会において、ドライアイは誰もがかかる可能性のある病気。単なる目の乾き、疲れ目として放っておかず、ドライアイを予防することが大切です。

脳卒中と頭部外傷|谷口栄治先生|たにぐち脳神経外科クリニック(東広島・西条駅前)

「脳卒中」「頭部外傷」こんな時はできるだけ早く脳神経外科へ。| たにぐち脳神経外科クリニック | 谷口栄治  先生|広島ドクターズ(広島の先生に聞いた病気や症状 治療・予防・病院情報)
「脳卒中」「頭部外傷」こんな時はできるだけ早く脳神経外科へ。
頭の病気やケガは手遅れになると怖そうなので、すぐに受診すべきか、しばらく様子を見てみるか、判断に迷うことがありますよね。例えば、「足がもつれて上手く歩けずびっくりしたけど、すぐに普通に歩けるようになった」という場合、皆さんならどうしますか?
今回は、東広島市西条にある、たにぐち脳神経外科クリニックの院長、谷口栄治先生に、脳梗塞・脳出血の前兆として起こる症状や、くも膜下出血で見られる頭痛の特徴、脳卒中にならないための予防についてお話を伺いました。
また、頭を強くぶつけた時の対処についても教えて頂きましたよ。頭部外傷ではどんなことに注意が必要か?「打ち所が悪い」とはどこのこと? たんこぶができるのはなぜ?といった質問にも答えて下さいました。

関節リウマチについて|山西裕司先生|広島リウマチ・内科クリニック(中区・八丁堀)

関節リウマチは早期治療がポイント。「朝のこわばり」は要注意!|広島リウマチ・内科クリニック|山西裕司 先生|広島ドクターズ(広島の先生に聞いた病気や症状 治療・予防・病院情報)
関節リウマチは早期治療がポイント。「朝のこわばり」は要注意!
朝、起きた時に手の指が動かしにくくて、こわばることはありませんか? 「朝のこわばり」から、関節リウマチに気付くことが多いと言います。ですが、この「関節リウマチ」という病気、耳にすることはあるものの、どんな病気なのか知らない人も多いのではないでしょうか。「お年寄りの方がかかる病気でしょ?」と、間違った理解をしていませんか?
今回は、中区八丁堀にある「広島リウマチ・内科クリニック」の院長で、リウマチ専門医である山西裕司先生に、関節リウマチのメカニズム、症状、治療について、詳しく説明して頂きました。
関節リウマチは、早期治療が重要です。初期症状で見られる「朝のこわばり」は早期発見につながる病気のサインなので、覚えておいてもらえたらと思います。

形成外科、美容治療について|岩垂鈴香先生|すず美容形成外科医院(中区・八丁堀)

形成外科はどんな時に受診する科なの? 美容治療のことも教えて。|すず美容形成外科医院|岩垂鈴香 先生|広島ドクターズ(広島の先生に聞いた病気や症状 治療・予防・病院情報)
形成外科はどんな時に受診する科なの? 美容治療のことも教えて。
「形成外科」は、なかなか馴染みがないという方も多いと思います。また一方で、美容整形のイメージが強くて、特別な科だと思っている人も。
今回は、八丁堀にある「すず美容形成外科医院」の院長、岩垂鈴香先生に、形成外科が扱う治療について伺い、お子さんのケガや年配の方の眼瞼下垂をはじめ、どんな時に形成外科を利用したら良いのかアドバイスを頂きました。
また、美容についても興味深いお話を聞かせて頂きましたよ。
これまでたくさんの女性のコンプレックスを解消し、患者さんから厚い信頼を寄せられている岩垂院長。女性医師ならではの診療にかける思いが伝わってくるレポートです。

該当 116件   1   2   3   4   5   6   7  

 


 
 

■□■□ 2017年11月によく読まれた記事をCHECK! □■□■

 
喉のイガイガ、喉の違和感、異物感、喉に引っかかった感じがあるなどの不調があって、喉に意識が集中しストレスが溜まっていることはありませんか?

朝、起きた時に手や足の指が動かしにくい…「朝のこわばり」を感じたらチェックして。関節リウマチは高齢者特有の病気ではありません。

社会不安障害、パニック障害、強迫性障害など…強い緊張や不安によって様々な場面で起きる「不安障害」は、こころではなく脳の病気。

命にかかわる病気ではありませんが、経過観察と言われたら生理の変化に気を付けて。過多月経や月経痛がひどくなるなどの場合は早めに産婦人科に相談しましょう。

多くの種類があって発作の現れ方は様々。「てんかん」は決して珍しい病気ではありません。


Produce : WCMS Developed : Netprompt