広島の頼れるかかりつけ医&病院・医院・クリニックに出会える健康情報サイト


広島の頼れるかかりつけ医&病院・医院・クリニックに出会える健康情報サイト 広島ドクターズ

 

病名・症状・キーワードからお医者さんレポートを探す かかりつけ医は、「病気を治す」だけでなく、「病気を近づけない」ための強い味方。信頼できるかかりつけ医を見つけることは、大切な家族の健康を守る安心の第一歩なのです。 広島県では、県民一人ひとりががんをより身近なものとして捉え,がん検診の重要性についての意識が高まるよう、がん検診の普及啓発や受診率の向上に力を入れています。 広島ドクターズのサイト運営会社「株式会社和多利」は、広島県「がん検診へ行こうよ」推進会議会員に所属しており、広島ドクターズを通じて広島のがん検診受診率アップに貢献したいと考えています。



広島の病院・医院をエリア別に探す
広島の病院・医院を診療科目別に探す
 
今月のピックアップレポート
口の中の細菌を上手にコントロールして、むし歯や歯周病を予防。
 有田 竜二 先生
(有田歯科医院)
 
よく検索されている病名・症状
咽喉頭異常感症(喉が詰まった感じ 引っかかる感じ 飲み込む 飲み込みにくい 喉仏 違和感)

過活動膀胱(尿意切迫感 原因 ストレス 歩くと尿意)

乳がん(初期 治療 早期発見 早期 治る)

貧血 息切れ

形成外科とは

胃の不調(胃が気持ち悪い 胃の調子が悪い 吐き気 胃が変な感じ 胃が悪い 違和感 胃が重たい 胃がおかしい 胃部不快 胃もたれ 頻繁)

嘔吐 下痢 熱

子宮筋腫(5センチ 経過観察 大きさ 6センチ 1センチ 健康診断 2センチ そのまま 様子見 手術)

小児てんかん(てんかん 子供 てんかん発作 症状)

リウマチ(朝起きると指の関節が痛い 朝のこわばり 寝起き 朝起きると足首が痛い)

摂食障害(食べて吐く 病気 食べる 罪悪感 吐く)

膀胱炎(繰り返す 婦人科 大腸菌)

変形性膝関節症(膝が重い)

不安障害(胸苦しい 緊張すると息苦しくなる 外出 息苦しい 急に不安になる 病気 動悸 不安 過呼吸)

流涙症(涙腺 詰まる 原因)

メニエール病(症状 耳の閉塞感 めまい 発作 耳閉感)

脳神経内科とは(脳神経症状)

甲状腺ホルモン異常(甲状腺 吐き気)

機能性ディスペプシア(吐き気)

心の不調予防(精神病にならないために)

頭部外傷(たんこぶ すぐ消えた)

胆石症(血液検査異常なし)

糖尿病(インスリンが不足すると)

 

自分にあったかかりつけ医をみつけよう!広島の医院・病院ガイド

自分にあったかかりつけ医をみつけよう!

西原セントラルクリニック(安佐南区)
西原セントラルクリニック(安佐南区)
よしだハートクリニック(中区)
よしだハートクリニック(中区)
医療法人 崇光会 山村整形外科
医療法人 崇光会 山村整形外科(佐伯区)
 
新着お医者さんレポート
 
【広島ドクターズは暮らしに役立つ広島の地域医療情報が満載。その病気とは?どんな症状は?どんな治療をするの?予防ついて、広島のドクターが知りたい医療情報をレポート発信。広島の病院検索も広島ドクターズで】
【広島ドクターズは暮らしに役立つ広島の地域医療情報が満載。その病気とは?どんな症状は?どんな治療をするの?予防ついて、広島のドクターが知りたい医療情報をレポート発信。広島の病院検索も広島ドクターズで】
【広島ドクターズは暮らしに役立つ広島の地域医療情報が満載。その病気とは?どんな症状は?どんな治療をするの?予防ついて、広島のドクターが知りたい医療情報をレポート発信。広島の病院検索も広島ドクターズで】
 

【広島ドクターズは暮らしに役立つ広島の地域医療情報が満載。その病気とは?どんな症状は?どんな治療をするの?予防ついて、広島のドクターが知りたい医療情報をレポート発信。広島の病院検索も広島ドクターズで】
【広島ドクターズは暮らしに役立つ広島の地域医療情報が満載。その病気とは?どんな症状は?どんな治療をするの?予防ついて、広島のドクターが知りたい医療情報をレポート発信。広島の病院検索も広島ドクターズで】
広島のクリニックの先生を取材。病気の原因や症状、検診、地域医療のことを分かりやすく記事にまとめました。【お医者さんレポート】|病気や症状。治療や予防に役立つ 病院・医院・クリニック情報サイト『広島ドクターズ』

お医者さんレポート

広島の医師を取材して、病気の原因や症状、検診、地域医療のこと、先生の患者に対する思いなどを記事にまとめました。
エリアと診療科目を絞ってレポート一覧を検索することができます。

★エリア(広島)
★診療科目
キーワード検索
該当 116件   1   2   3   4   5   6   7  

子どもの発熱・腹痛・頭痛・咳・湿疹|下岡武史先生|にこにこキッズクリニック(安佐南区・緑井)

子どもの発熱・腹痛・頭痛・咳・湿疹。症状別にアドバイス|にこにこキッズクリニック|下岡武史 先生|広島ドクターズ(広島の先生に聞いた病気や症状 治療・予防・病院情報)
子どもの発熱・腹痛・頭痛・咳・湿疹。症状別にアドバイス
子どもって病院がしまっている夜に限って、高い熱を出したり、急にお腹が痛くなったり。すぐに救急病院に連れて行った方がいいの? 今夜は様子を見て明日、クリニックを受診するのでは遅い? 新米ママさん、パパさんは、子どもの辛そうな様子に不安いっぱいになります。
今回のレポートは、安佐南区緑井にある「にこにこキッズクリニック」の下岡武史院長に、子どもの様々な症状について、どのように対応すべきかアドバイスを頂きました。
もちろん腹痛ひとつとっても、心配のいらないものから怖い病気のサインまで一概には言えませんが、知識として知っておくことで、お子さんの症状を落ち着いて観察できるのではないでしょうか?
小児専門の総合病院勤務時代は、難しい病気と闘う子どもたちのために尽力され、現在はその経験をクリニック診療で生かしながら、地域の子どもたちの健康をサポートする下岡先生。レポートからは小児医療に対する熱意が伝わってきます。

経口避妊薬ピルについて|小松正伸先生|小松クリニック(中区・八丁堀)

高い避妊効果以外にも、PMSやニキビを軽減したり、生理痛の緩和、卵巣腫瘍や子宮体がんの減少などメリットの多いピルは女性の味方|小松クリニック|小松正伸 先生|広島ドクターズ(広島の先生に聞いた病気や症状 治療・予防・病院情報)
ピルと上手につき合うために、知ってもらいたいこと
日本はピル後進国だと言われてきましたが、最近では自分のライフスタイルに合わせてピルと上手に付き合う女性が増えてきたよう思います。
避妊だけがピルの効果だと思っている人も多いかもしれませんが、ピルを飲むことでPMSが改善されたり、ニキビが減ったり、また子宮内膜症の治療などに使われるなど、ピルにはあまり知られていない様々な副効果も期待できるのですよ。ただ、ピルもお薬なので、副作用のリスクはもちろん考えて服用しなければなりません。
そこで今回は、中区八丁堀にある産婦人科「小松クリニック」の院長、小松正伸先生にピルについて詳しく教えて頂きました。
上手に服用すれば、ピルは女性を助けてくれる便利なお薬。メリットとデメリットを正しく理解して、ピルを使うかどうか選択しましょう。

変形性膝関節症について|日域淳一郎先生|日域整形外科クリニック(佐伯区・五日市駅前)

「膝がいつもと違う」これって、変形性膝関節症の初期症状?!関節が動きにくい、痛くて動かせない、正座や長座ができない、そんな膝の悩みについて、関節鏡視下手術がご専門の日域淳一郎院長に伺いました。|日域整形外科クリニック|日域淳一郎 先生|広島ドクターズ(広島の先生に聞いた病気や症状 治療・予防・病院情報)
「膝がいつもと違う」これって、変形性膝関節症の初期症状?!
朝、布団から出ようとしたら「何だか膝がおかしい?!」と感じたことはありませんか? 時間が経てば普段通り動くようになるので、「まぁ、いいか」と見過ごしがちですが、変形性膝関節症の兆候かもしれませんよ。
中高年になって膝が痛くなる原因で最も多いと言われる変形性膝関節症。しかも女性がかかる割合が高いと言います。運動に自信のある方でも、病気について正しい知識を持ち、膝に負担を掛けない生活を心掛けたいものです。
今回は、日域整形外科クリニックの院長、日域淳一郎先生に、変形性膝関節症についてお話を伺いました。症状や診断方法、先生のご専門である膝関節の「関節鏡視下手術」についても、分かりやすくご説明頂きました。

内視鏡検査について|花ノ木睦巳 先生|西原セントラルクリニック(安佐南区・西原)

「胃がん・大腸がん」から命をまもる内視鏡検査で早期発見・早期治療。消化器科専門医としてこれまで数多くの内視鏡検査の実績を持つ「西原セントラルクリニック」の院長、花ノ木睦巳先生にお話をお聞きました。|西原セントラルクリニック|花ノ木睦巳 先生|広島ドクターズ(広島の先生に聞いた病気や症状 治療・予防・病院情報)
「胃がん・大腸がん」から命をまもる内視鏡検査
日本人の死因上位を占める「胃がん」と「大腸がん」。恐ろしいがんから命を守るためには、定期的に内視鏡検査を受けて、体の中に異常がないか専門医の目でチェックしてもらい、病気が進行する前に先手を打つことが重要です。
でも中には、「がんは怖いけど、内視鏡検査も怖い」という方や「特に気になる症状はないから」という理由で、内視鏡検査を受けていない方もいるのでは?
そこで今回は内視鏡検査への意識が高まるよう、消化器科専門医として数多くの内視鏡検査を手掛けてこられた「西原セントラルクリニック」の院長、花ノ木睦巳先生にお話を伺いました。早期発見のメリットや、これまで幾度とがんの重症化を未然に防いでこられた花ノ木先生の内視鏡検査にかける思いも話して下さいました。

一生自分の歯で|中島朋見先生・中島克先生|中島歯科(南区・松原町)

広島駅の近く、保険診療・自由診療、問わず、レベルの高い幅広い治療で、患者のニーズに応え、一生涯歯を守ってくれるかかりつけ歯科|中島歯科|中島朋見院長 中島克副院長|広島ドクターズ(広島の先生に聞いた病気や症状 治療・予防・病院情報)
「一生、自分の歯で」をモットーに、患者さんの将来を見据え治療を
広島駅のほど近く。「一生、自分の歯で」をモットーに、患者さんがいつまでも健康な歯で暮らせるように、将来を見据えた治療と予防に力を入れる「中島歯科」は、昭和52年の開院以来、様々なニーズに応えてくれる「かかりつけ歯科」として、厚い信頼を寄せられています。患者さんの中には、ホームドクターとして30年以上に渡り、通っている方も多いとか。
現在は中島朋見院長、中島克副院長、中島ひろみ副院長の3名の歯科医が、基礎的な治療から最新歯科治療までそれぞれの得意分野を生かし、幅広い医療を提供。今回のレポートでは中島朋見院長と中島克副院長のお2人に、かかりつけ歯科医に求められること、大切にしていることなどをお話いただき、かかりつけ歯科医としてのスタンスを伺いました。

骨粗鬆症について|兼山敦先生|兼山整形外科医院(西区・観音)

カルシウム不足のツケは50代にやってくる!骨粗鬆症予防には骨密度と骨質アップ。YAM値70%切らないようにカルシウム摂取を心掛け適度な運動を|兼山整形外科医院|山本修 先生|広島ドクターズ(広島の先生に聞いた病気や症状 治療・予防・病院情報)
女性の皆さん必見!「骨粗しょう症」の予防と治療について
若い頃からのカルシウム摂取不足のツケは、50代にやってきます。そう、女性の大敵「骨粗しょう症」。
骨粗しょう症はほとんどの女性がなってしまう病気と言っても過言ではありませんが、骨密度検査を習慣化して若い頃からカルシウム摂取を心がけていれば、将来、骨粗しょう症で苦しむリスクを減らすことができます。
今回は「兼山整形外科医院」の院長、兼山敦先生に、骨粗しょう症の症状や治療、予防対策についてお話を伺いました。
骨粗しょう症は自覚症状がないまま進行する病気。自分の骨が元気なのかそうではないのかなんて、検査をしなければ分かりません。子どもの頃から「牛乳を飲みなさい」と言われてきたけど、その必要性を実感できていない人も多いのではないでしょうか?
兼山先生のレポートが、多くの女性にとって骨粗しょう症予防を意識するきっかけになればと思います。そして、さっそく明日から「1日2杯の牛乳」を実践してもらえたら!

在宅診療について|山口剛先生|やまぐちホームケアクリニック(安佐北区・口田)

地域社会と行政が一体となって「住まい・医療・介護・予防・生活」を支援する「地域包括ケアシステム」を活用した在宅医療の実現へ |やまぐちホームケアクリニック|山口剛先生|広島ドクターズ(広島の先生に聞いた病気や症状 治療・予防・病院情報)
これからは人を診る医療へ。「在宅診療」という選択
「高齢化社会」「医療費削減」などの言葉とともに、「在宅診療」という言葉をよく耳にするようになりました。在宅診療とは読んで字のごとく、在宅で医療が受けられることですが、実際にそれがどのような医療で、どんな対応をしてもらえるのか、また家族に負担はかからないのかなど分からないことが多く、誰もが受けられる身近な医療という認識はまだまだ低いようです。今回お話を伺ったのは、「患者さんが望む医療を実現したい」という思いから、2013年9月に在宅診療を専門に行う「やまぐちホームケアクリニック」を開院した山口剛院長。外科医として数多くの手術を手掛け、全身管理や末期がんの終末期医療に携わってこられた経験を生かし、現在は365日24時間体制で在宅診療に取り組まれています。熱意をもって地域の患者さんをサポートする山口先生に、在宅診療がどのような医療なのか、また在宅診療を支える「地域包括ケアシステム」とは何かについてお聞かせ頂きました。

摂食障害とは|山本修先生|宇品メンタルクリニック(南区・宇品)

食べては吐くを繰り返してしまう「摂食障害」。やせ願望と無理なダイエットに潜む「拒食症」と「過食症」は、体重に依存してしまう心の悩みや葛藤、ストレスが関係。|宇品メンタルクリニック|山本修 先生|広島ドクターズ(広島の先生に聞いた病気や症状 治療・予防・病院情報)
食べては吐くを繰り返す「摂食障害」。やせ願望に潜む「拒食症」と「過食症」
ファッション雑誌を彩るスレンダーなモデルさんを見ると、「私も痩せて、すらっとしたスタイルになりたい」と憧れますよね。社会的な風潮でも痩せている方が称賛され、ダイエットの言葉を耳にすることは多いですが、やせ願望の裏には「摂食障害」という病気の落とし穴が潜んでいるんですよ。
今回、摂食障害という病気についてお話頂いたのは、「宇品メンタルクリニック」の院長、山本修先生。拒食症や過食症が、単なる痩せ過ぎ、食べ過ぎというものではなく、その人が心に抱える問題と密接に関係していて、ダイエット志向が高くストレスに満ちた現代社会においては、10代、20代の女性の死因上位に挙げられる病気だと言います。
適切な治療で病気を克服できる人も多いので、山本先生のレポートをきっかけに「自分は大丈夫? 友人に思い当たる人はいない?」と、問いかけてみてくださいね。

予防歯科について|野村昌利先生|野村歯科医院(安芸郡・府中)

子どもから高齢の方まで、虫歯・歯周病のない健康な歯を。生活習慣を見直して、予防の大切さに気付くことが大切。|野村歯科医院|野村昌利 先生|広島ドクターズ(広島の先生に聞いた病気や症状 治療・予防・病院情報)
虫歯・歯周病の患者さんがいない歯科医院を目指して予防歯科に注力
1987年の開業以来、小さなお子さんから高齢の患者さんまで、地域のかかりつけ医として親しまれてきた「野村歯科医院」。ここの歯科医院の特徴は、虫歯のない患者さんが多く通うこと。「治療が済んだら終わりじゃないんですよ。そこがスタートです」と話すのは、予防歯科に力を入れる院長の野村昌利先生。患者さんの生活習慣から見直し、歯を悪くする原因から解決する予防歯科を実践。優秀な歯科衛生士を揃え、質の高いデンタルケアと歯科ドッグに取り組んでいます。ただ、予防のための通院を患者さんに意識づけさせることは難しく、多くの歯科医院の課題であるといいます。野村先生はどのように、患者さんの予防意識を向上させているのでしょうか? 今回は患者さんの一生涯を見据え、お口の健康を守り続ける野村先生の診療にかける思いや展望についてお聞きしました。

家族みんなのかかりつけ歯科|小田恵子先生|あおぞら歯科医院(安芸郡・府中)

子どもでも大人でも歯科治療で大切なことは意思疎通。これまでの経験と新しい知識をミックスして全身疾患を考慮した治療で幅広い世代の患者さんに親しまれている歯科医院|あおぞら歯科医院|小田恵子 先生|広島ドクターズ(広島の先生に聞いた病気や症状 治療・予防・病院情報)
子どもでも大人でも治療では意思疎通を大切にする、地域の頼れるお母さん先生
府中小学校から歩いてすぐのところ。青空をイメージした水色の大きな看板が印象的な「あおぞら歯科医院」があります。今回は院長の小田恵子先生に、診療を通じて感じていることや子どもが治療を受ける際のアドバイスなどを伺い、興味深い話をたくさん聞かせて頂けました。
地域の幅広い年代の患者さんに親しまれている小田先生は、朗らかな雰囲気の話しやすい先生。歯科診療に携わりながら4人の娘さんを育てた育児の先輩とあって、子育て中のお母さんにとって頼もしい存在です。母子で通っているという方も多いそう。
子どもに「噛む癖」を付ける、とっておきの方法も教えて頂けたので、お子さんのいるご家庭では是非やってみてください。

チーム医療で満足のいく歯科治療|野村俊夫先生|野村歯科医院(安芸区・矢野南)

患者さんとの信頼関係とチーム医療で満足のいく治療を|野村歯科医院|野村俊夫 先生|広島ドクターズ(広島の先生に聞いた病気や症状 治療・予防・病院情報)
患者さんとの信頼関係とチーム医療で満足のいく治療を提供
「どんな治療をするのだろう?」「いつまで通院しないといけないの?」「治療費はいくらかかるの?」そんな気持ちのままで診察台に座るのは誰でも不安です。そもそもどこがどう悪いのかも分からず、医師に質問するタイミングがつかみづらい…、なんてことも。
安芸区矢野南にある「野村歯科医院」の野村俊夫院長の治療は、患者さんと医師とスタッフがきちんとコミュニケーションを取ることから始まります。
丁寧なカウンセリングで患者さんと正面から向き合い、希望や不安、困っていることを伺って、お口の中の状態だけでなくその方を理解したうえで治療方針を決めていきます。
今回は、患者さんに満足のいく治療を提供するために、野村先生が日々心掛けていることを伺いました。

尿路結石について|角井徹先生|泌尿器科すみいクリニック(佐伯区・五日市駅前)

想像を絶する痛さに七転八倒。バランスの良い食生活と水分補給で石ができないように尿路結石を予防しよう!|泌尿器科すみいクリニック|角井徹 先生|広島ドクターズ(広島の先生に聞いた病気や症状 治療・予防・病院情報)
想像を絶する痛さに七転八倒。バランスの良い食生活で尿路結石を予防しよう!
経験したことがある人は、尿路結石の痛さについて「想像を絶する痛さ」と表現します。難産に匹敵する痛さとも言われ、しかも症状は前ぶれもなく突然現れることがほとんど。夜中に七転八倒して救急車で搬送される人もいるそうです。
今回は、「泌尿器科すみいクリニック」の院長、角井徹先生に尿路結石の症状や原因、治療についてお話を伺いました。
食生活の乱れから、若い男性に多いと言われる尿路結石。予防や再発防止のためには食生活でどのようなことに気を付けたら良いかのアドバイスも頂きました。

高血圧について|大島哲也先生|大島内科循環器科(西区・己斐)

脳卒中、心筋梗塞、腎不全を引き起こす高血圧。減塩・運動・血圧測定の習慣化で正しく予防と治療|大島内科循環器科|大島哲也 先生|広島ドクターズ(広島の先生に聞いた病気や症状 治療・予防・病院情報)
「ある日突然!」が高血圧の怖いところ。予防には減塩・運動・血圧測定の習慣化!
ある日突然、死につながる病気を発症させる恐ろしい「高血圧」。50代では50%の確率で、60代では60%、70代だと70%…、と足音を立てずに私たちに忍び寄り、健康を脅かす厄介な病気です。
「日本人の国民病」とも呼ばれるほど、誰もがかかり得る病気であるにも関わらず、正しく理解されていないことが多いのも事実。「高血圧の症状って頭痛やめまい?」「そもそも血圧が高いとなぜ危ないの?!」
そこで今回は、「大島内科循環器内科」の院長、大島哲也先生に、高血圧の正しい知識について伺いました。血圧を下げるお薬の正しい知識や、食事療法が楽しくなるような素敵なヒントも教えて頂きましたよ。

月経不順について|松本幸嗣先生|松本クリニック(南区・猿猴橋町)

正常な生理とは?無排卵月経や過多月経で気を付けたいことは? ストレスやダイエットで生理のリズムが乱れがち。生理が来ないからラクだと思ってはいけません!妊娠・出産に備えて、更年期障害に将来ならないためにも卵巣を元気に。|松本クリニック|松本幸嗣先生|広島ドクターズ(広島の先生に聞いた病気や症状 治療・予防・病院情報)
生理が来ないから楽だと思わないで! 月経不順は体のメンテが必要なサイン
生理がこないと心配だけど、なければないで楽?! そんなふうに考えていませんか? 月経不順をそのまま放っておくと、卵巣の機能が低下して、将来の妊娠に影響が出てしまうことも。また、女性の体を守ってくれるホルモンが分泌されなくなることで、若くして更年期障害で苦しむことにもつながります。
今回は、「松本クリニック」の院長、松本幸嗣先生に、月経不順について伺いました。月経周期が乱れる原因や、どうしてダイエットやストレスによって無排卵が起きてしまうのかといったお話も聞かせて頂きました。
月経不順は、「体のメンテナンスが必要だよ!」という卵巣からのメッセージ。将来、不妊症や更年期障害で悩まないために、正しい月経の知識を知っておきましょう。

手足口病など夏風邪について|浜田浩之先生|はまだ小児クリニック(西区・己斐本町)

広島で手足口病警報発令!手足口病、プール熱、ヘルパンギーナなどのウイルスが引き起こす「夏風邪」について解説。夏にかかりやすい子どもの病気、熱中症、食中毒、トビヒや水イボなどの皮膚疾患に気を付けよう!|はまだ小児クリニック|浜田浩之 先生|広島ドクターズ(広島の先生に聞いた病気や症状 治療・予防・病院情報)
子どもの「夏風邪」手足口病、プール熱、ヘルパンギーナについて
6月に広島県で「手足口病警報」が発令されたニュースは、皆さんご存知かと思います。手足口病をはじめ、プール熱やヘルパンギーナといった「夏風邪」は、小さなお子さんのいるご家庭では注意したい病気です。
今回は、夏場にかかる子どもの病気について、「はまだ小児クリニック」の院長、浜田浩之先生にお話を聞きました。
小さな子どもが高熱を出したり、感染症を繰り返すとお母さんは心配です。感染症にかかった際の対症療法やアドバイス、看病するお母さんを応援するメッセージも、浜田院長から頂きましたよ。

貧血、血液内科の疾患について|藏本憲先生|藏本内科(中区・大手町)

息切れを感じたら貧血のサインかも。血液中の鉄不足から酸欠が起こる鉄欠乏性貧血。血が止まらない、ぶつけた覚えのない内出血やあざができる、鼻血が出やすいといった自覚症状は血液内科に相談|藏本内科|藏本憲 先生|広島ドクターズ(広島の先生に聞いた病気や症状 治療・予防・病院情報)
貧血を甘くみてはダメ! 血液からのSOSは血液内科へ相談しよう
血液の健康を専門的に診てくれる「血液内科」があるのをご存知ですか? 血液に関する病気と言えば、白血病のような重篤な病気が思い浮かぶかもしれませんが、貧血、あざや内出血、鼻血などの身近な症状も、血液内科の専門分野です。
今回は血液内科がご専門の「藏本内科」の院長、藏本憲先生に、血液内科で気を付けたい病気や、女性に多い貧血について詳しく説明して頂きました。
血液は生命を維持するための大切な役割を果たすだけでなく、体の悪い部分を教えてくれる健康バロメーター。注意したい自覚症状も、藏本先生にアドバイスして頂きました。

前立腺肥大症とは|嘉手納 一志先生|かでな泌尿器科クリニック(南区・段原)

前立腺肥大症の症状は、「頻尿」「残尿感」「夜間頻尿」。おしっこが近くなる、尿が漏れる、夜間に何度もトイレに起きる、残尿感がある、おしっこが出にくい、尿に勢いがないなどの自覚症状があれば泌尿器科へ相談。|かでな泌尿器科クリニック|嘉手納 一志 先生|広島ドクターズ(広島の先生に聞いた病気や症状 治療・予防・病院情報)
「前立腺肥大症」で悩まない、セカンドライフを過ごしましょう!
中高年の男性に多い「前立腺肥大症」。年を取れば排尿障害があるのは仕方がないことだと諦めて、受診を先延ばしにしている人も多いと思います。でも、仕事中心の忙しかった毎日からようやく解放されて、セカンドライフは趣味や旅行を満喫しようと思ったら、おしっこの悩みが頭から離れないというのでは、もったいないですよね。今回のレポートは、「かでな泌尿器科クリニック」の院長、嘉手納 一志先生に前立腺肥大症の症状や治療について伺いました。排尿障害は改善されると、その人の人生をより豊かに変えてくれます。年のせいだと諦めたり、おしっこの悩みなんて恥ずかしいと思ったりせず、まずはレポートを読んで、前立腺肥大症がどんな病気なのかを知ることから始めませんか?
該当 116件   1   2   3   4   5   6   7  

 


 
 

■□■□ 2017年9月によく読まれた記事をCHECK! □■□■

 
喉のイガイガ、喉の違和感、異物感、喉に引っかかった感じがあるなどの不調があって、喉に意識が集中しストレスが溜まっていることはありませんか?

朝、起きた時に手や足の指が動かしにくい…「朝のこわばり」を感じたらチェックして。関節リウマチは高齢者特有の病気ではありません。

社会不安障害、パニック障害、強迫性障害など…強い緊張や不安によって様々な場面で起きる「不安障害」は、こころではなく脳の病気。

命にかかわる病気ではありませんが、経過観察と言われたら生理の変化に気を付けて。過多月経や月経痛がひどくなるなどの場合は早めに産婦人科に相談しましょう。


Produce : WCMS Developed : Netprompt