広島の頼れるかかりつけ医&病院・医院・クリニックに出会える健康情報サイト


広島の頼れるかかりつけ医&病院・医院・クリニックに出会える健康情報サイト 広島ドクターズ

 

病名・症状・キーワードからお医者さんレポートを探す かかりつけ医は、「病気を治す」だけでなく、「病気を近づけない」ための強い味方。信頼できるかかりつけ医を見つけることは、大切な家族の健康を守る安心の第一歩なのです。 広島県では、県民一人ひとりががんをより身近なものとして捉え,がん検診の重要性についての意識が高まるよう、がん検診の普及啓発や受診率の向上に力を入れています。 広島ドクターズのサイト運営会社「株式会社和多利」は、広島県「がん検診へ行こうよ」推進会議会員に所属しており、広島ドクターズを通じて広島のがん検診受診率アップに貢献したいと考えています。



広島の病院・医院をエリア別に探す
広島の病院・医院を診療科目別に探す
 
今月のピックアップレポート
家族みんなで考えよう。高齢者医療と介護の現在、そして未来
家族みんなで考えよう。高齢者医療と介護の現在、そして未来
 西原 一樹 先生
(広島医療生活協同組合 沼田診療所)
 
よく検索されている病名・症状
咽喉頭異常感症(喉(の奥)の違和感・異物感・(喉の奥に)(何か)詰まった感じ・引っかかる(引っかかった)感じ、飲み込む時・飲み込み・飲み込みにくい、原因、締め付けられる感じがする、閉塞感、不快感、(髪の)毛がある感じ)

胃の不調(胃が気持ち悪い、胃が重い、むかつき、胃の調子が悪い、原因、吐き気、胃の動きが悪い、胃もたれ 頻繁、胃が悪い、胃が変な感じ、胃部不快、胃が動いてない、食べると胃が気持ち悪い、胃の違和感)

メニエール病(初期症状、耳)

乳がん(初期(治療)、早期発見)

尋常性疣贅(子供 魚の目、原因、治療)

形成外科とは

脳神経内科とは(病気、脳神経症状)

リウマチ((手の)(指の)関節の痛み、朝、手のこわばり、指のこわばり、朝のこわばり、関節のこわばり、朝指が(指の関節が)痛い、20代、寝起き 足首 固まる、朝起きると指の関節がこわばる)

子宮筋腫(6センチ、5センチ、3センチ、2センチ、大きさ、経過観察)

甲状腺ホルモン異常

過活動膀胱(尿意切迫感、原因、ストレス)

摂食障害(食べたら吐く、食べて吐く、病気)

嘔吐 下痢 (発)熱(ロタウイルス、子供、高熱)

不安障害(胸苦しい、不安、過呼吸、緊張、息苦しい、急に不安になる、動悸)

貧血 息切れ

ほくろがん(ほくろから出血、真っ黒なほくろ)

てんかん(子供、小児てんかん、てんかん発作、症状)

花粉症皮膚炎(首がかゆい、春先の首の湿疹、花粉)

膀胱炎(大腸菌)

変形性膝関節症(膝がだるい、膝が重い、違和感)

流涙症(涙腺が詰まる、原因)

気管支喘息(息苦しい、咳)

機能性ディスペプシア(吐き気)

心の不調予防(精神疾患、予防、現代病、ストレス)

頭部外傷(たんこぶ すぐ消えた)

 

自分にあったかかりつけ医をみつけよう!広島の医院・病院ガイド

自分にあったかかりつけ医をみつけよう!

西原セントラルクリニック(安佐南区)
西原セントラルクリニック(安佐南区)
よしだハートクリニック(中区)
よしだハートクリニック(中区)
医療法人 崇光会 山村整形外科
医療法人 崇光会 山村整形外科(佐伯区)
 
新着お医者さんレポート
 
【広島ドクターズは暮らしに役立つ広島の地域医療情報が満載。その病気とは?どんな症状は?どんな治療をするの?予防ついて、広島のドクターが知りたい医療情報をレポート発信。広島の病院検索も広島ドクターズで】
【広島ドクターズは暮らしに役立つ広島の地域医療情報が満載。その病気とは?どんな症状は?どんな治療をするの?予防ついて、広島のドクターが知りたい医療情報をレポート発信。広島の病院検索も広島ドクターズで】
【広島ドクターズは暮らしに役立つ広島の地域医療情報が満載。その病気とは?どんな症状は?どんな治療をするの?予防ついて、広島のドクターが知りたい医療情報をレポート発信。広島の病院検索も広島ドクターズで】
 

【広島ドクターズは暮らしに役立つ広島の地域医療情報が満載。その病気とは?どんな症状は?どんな治療をするの?予防ついて、広島のドクターが知りたい医療情報をレポート発信。広島の病院検索も広島ドクターズで】
【広島ドクターズは暮らしに役立つ広島の地域医療情報が満載。その病気とは?どんな症状は?どんな治療をするの?予防ついて、広島のドクターが知りたい医療情報をレポート発信。広島の病院検索も広島ドクターズで】
「広島ドクターズ」事務局からのお知らせです♪|病気や症状。治療や予防に役立つ 病院・医院・クリニック情報サイト『広島ドクターズ』

事務局からのお知らせ

2017/04/05

【新着医療情報】 ビッグフロント広島内科・呼吸器科
COPDも?死に至る病気はがんだけではありません。だから「今すぐ禁煙」!

COPDについて|ビッグフロント広島内科・呼吸器科|能島大輔 先生
能島大輔 先生
日本では近年、様々な施設での分煙や全面禁煙が進んでいますが、この2月には「飲食店は原則禁煙」などの受動喫煙対策を盛り込んだ健康増進法改正案をめぐり、厚生労働省が小規模居酒屋や焼き鳥店なども全面禁煙にする方向での議論に入った事が伝えられました。
未成年が原則立ち入らない床面積約30平方メートル以下の小規模なバーやスナックは例外としていますが、この法案が通ると受動喫煙防止の幅がさらに広がる一方、喫煙者はさらに肩身の狭い思いをする事になりそうです。
今回は、今年2月に「ビッグフロント広島内科・呼吸器科」を開業された能島大輔院長に、たばこが与える悪影響についてお聞きしました。
発がん率の高さは多くの方が知るところですが、最近はたばこによるCOPD、肺気腫で亡くなる方が増えているようです。
喫煙者の中には、たばこが健康被害をもたらす事や、自分のみならず周囲にも健康被害を与える事は分かっているけれど、それでもやめる事ができないため周囲に気を遣いながら吸い続けていらっしゃる方も多いのではないでしょうか。
ここで一念発起、医療の力を借りて禁煙にチャレンジしてみませんか?
2017/04/04

【新着医療情報】 女医によるファミリークリニック
ママが元気なら家族や社会も元気になれる。医師の立場でできること

ママの元気で家族や社会も元気に|女医によるファミリークリニック|竹中美恵子 先生
竹中美恵子 先生
育児や子供の病気、発達、皮膚トラブルなどについて、WEBや雑誌など多くのメディアで積極的に情報発信されている竹中美恵子先生。子育て中のママを中心に多くの方の不安を取り除く一助となっています。多忙な毎日の中、様々な事を教えてくださる竹中先生って一体どんな方?昨年12月には「女医によるファミリークリニック」を開業。ご自身の経験をもとに、女性として、母親として、医師としての社会貢献を常に考えていらっしゃる事、そして「人を助けたい」という純粋な思いが伝わってくるレポートです。
2017/03/08

【新着医療情報】 河村歯科クリニック
親知らずの抜歯について

親知らずの抜歯について|河村歯科クリニック|河村修司 先生
河村修司 先生
10代後半から20代前半にかけて生えてくる「親知らず」。多くの方は痛んだり腫れたりして初めて抜歯を考えるのではないでしょうか?
しかし、外科的処置である親知らずの抜歯はすべての歯科医院で対応しているわけではなく、また、患者さん側も大きな恐怖を感じるものです。
今回は、この数年で1000本ほどの親知らずを抜歯されてきた南区京橋町「河村歯科クリニック」の河村修司院長にお話をうかがいました。
親知らずの生え方は人によってさまざまですが、歯並びや虫歯、炎症、口臭、顎関節症などのリスクを抱えている場合があります。また、親知らずそのもののトラブルは抜く事で解消できても、1つ手前の歯(奥歯)まで虫歯や歯周病を引き起こす事も多いとか。
丈夫な歯を長く保つために、定期検診はもちろんですが、親知らずのチェックも含めた予防に努めてみませんか?
2017/02/13

【新着医療情報】 ひろしま脳神経内科クリニック
脳神経内科のボトックス治療について

脳神経内科のボトックス治療について|ひろしま脳神経内科クリニック|田路浩正 先生
田路浩正 先生
主に女性の間では「ボトックス」というとシワ取りや小顔など、若返り・美容治療のイメージが強いのではないでしょうか。しかし、注射によって筋肉を弛緩させるボトックスの効果は脳神経内科における様々な病気の治療にも用いられています。
今回は、今年1月に「ひろしま脳神経内科クリニック」を開業された田路浩正院長に、ボトックス治療についてお聞きしました。
資格を持った医師のみが施術できるボトックス治療。痙攣や筋肉のつっぱり、こわばり、ワキ汗などにお困りの方はぜひ参考になさってください。
2016/10/11

【新着医療情報】 山脇歯科
子どもの歯/CTを使った高精度診断

子どもの歯/CTを使った高精度診断|山脇歯科|山脇典士 先生
山脇典士 先生
小さいうちは、生えてきた歯を1本1本確認したり、母子手帳や育児書などで成長やメンテナンス方法について勉強したりと、パパやママが細かく面倒をみることの多い子どもの歯ですが、幼稚園・保育園〜小学校にかけては歯が生え変わったり、虫歯になりやすい奥歯が生えてきたり、虫歯になったりと、お口の中に様々な変化が起きます。
今回は、安佐南区長楽寺「山脇歯科」の山脇典士院長に、子どもの歯の生え変わりや6歳臼歯に関する疑問、保護者が気を付ける点などについてお聞きました。
最新機器を導入することで原因や病状を極力見逃さず、丁寧な説明と治療、予防メンテナンスに力を入れられている山脇院長。CTを使ってどのようなことができるのか、という話も教えていただきました。
2016/08/26

【新着医療情報】 下山記念クリニック
軽度認知障害(MCI)と認知症

軽度認知障害(MCI)と認知症|下山記念クリニック|下山 直登 先生
下山 直登 先生
2025年には、現在400万人を超える認知症患者さんの総数も700万人に達し、65歳以上の5人に1人が認知症になるといわれています。
まだ認知症に対する根治薬がない一方で、アミロイドPETや髄液バイオマーカーの研究の進歩から、アルツハイマー型認知症の発症前診断も可能な時代になっています。
また、年に10%程度が認知症へ移行するといわれる軽度認知障害は、14〜44%程度が正常に戻るともいわれており、頭の体操や有酸素運動、食事の療法や高血圧・糖尿病などのリスク管理で予防できる事も分かってきています。
さて、歳を重ねると「人やモノの名前が思い出せない…」などという事がだんだん増えてきて、なんとなく不安に思われる方もおられるのではないでしょうか?
今回は、医療と介護の両面から地域に寄り添う「下山記念クリニック」下山直登院長に、軽度認知障害と認知症について、加齢による物忘れと認知症の違い、また、介護にあたられるご家族へのアドバイスなど、分かりやすく教えていただきました。
2016/08/17

【新着医療情報】 水入クリニック
再発予防や標準治療のプラスα効果から末期の方まで幅広くカバーする
「がん免疫療法」って?

再発予防や標準治療のプラスα効果から末期の方まで幅広くカバーする 「がん免疫療法」って?|水入クリニック|水入 寛純 先生
水入 寛純 先生
がんと診断された際、まず選択される主な標準治療は「外科的手術」「化学療法(抗がん剤)」「放射線治療」の3つです。これらは現在科学的根拠が認められ、基本となっている治療方法です。また、これらの中でもがんの種類や進行度合いによって治療法が異なります。
しかし、インターネットでがん治療について検索すると他にも様々な治療法が出てきます。おそらく、がん治療に関する情報は他のどの病気よりも氾濫し、錯綜しているのではないでしょうか。それゆえ一般の方には正しい情報とそうでない情報の識別はつきにくく、患者さんにとってはそれこそ生死やQOLに関わる切実な問題です。
今回は、消化器外科・乳腺外科での手術や化学療法から緩和ケアまでトータルにがん医療に関わられた後に開業し、現在は免疫療法や高濃度ビタミンC療法といった自由診療での治療も行われている「水入クリニック」水入寛純院長に、がん免疫療法について、良い所も悪い所も含めて教えていただきました。
2016/05/26

【新着医療情報】 藤本歯科クリニック
多種連携でしっかりサポート。口腔ケア・摂食嚥下リハビリテーションでQOL向上

介護現場における多職種チームでの口腔ケア・摂食嚥下リハビリテーション|藤本歯科クリニック|藤本 文彦 先生
藤本 文彦 先生
皆さんは「口腔ケア」と聞いて、どのようなケアを思い浮かべますか?
お口の中を清潔に保つことや義歯などをきちんとメンテナンスすることは、虫歯や歯周病、口臭などの予防になりますが、「口腔ケア」で行われるのはそれだけではありません。
歯肉・頬部のマッサージ、食事の介護、口腔乾燥予防、咀嚼・摂食・嚥下や発音・構音のトレーニングなど多岐にわたり、誤嚥性肺炎の予防、インフルエンザの罹患率低下、食欲増進、味覚の保持、上肢や手指のリハビリなど、実にたくさんの効果があるんです。そのことによってコミュニケーションの円滑化をはかることができたり、爽快感を得ることができたり、食事をおいしく食べられるようになったり、人が生きていく上で大事なQOLを大きく向上させます。
今回は呉市で多職種チームを組んでの訪問診療など、介護現場においても積極的な取り組みを行っておられる「藤本歯科クリニック」藤本文彦院長にお話をうかがいました。
2016/05/02

【新着医療情報】 池田歯科医院
クラウン・ブリッジや入れ歯を快適に。一人一人の噛み癖まで考慮する治療

クラウン・ブリッジや入れ歯と噛み合わせ|池田歯科医院|池田 敦治 先生
池田 敦治 先生
毎日お口の中で身体の一部として働いてくれるクラウン・ブリッジや入れ歯。違和感やトラブルなく付き合っていきたいですよね。
今回は、呉の閑静な阿賀地区にある「池田歯科医院」の池田敦治院長に、お口の機能回復やクラウン・ブリッジ・入れ歯について、お話をうかがいました。
「ブラッシングってどうすればいいの?」「妊娠中って歯医者さんの治療を受けられるの?」「子どもが歯医者さんを怖がるんだけど…」そんな疑問やお悩みをお持ちの方へのヒントもいただきましたよ。
2016/03/16

【新着医療情報】 すぎもと眼科
近視や老眼でも裸眼で過ごせる!?「近視矯正手術」「多焦点眼内レンズ」

近視矯正手術・多焦点眼内レンズ|すぎもと眼科|杉本 栄一郎 先生
杉本 栄一郎 先生
近視や老眼の矯正が日帰り手術でできること、ご存じですか?
最高の医療技術を提供するという理念のもと、レーシックの中で最高峰といわれるiDesign iLASIKを導入した近視矯正手術や、老眼にも対応する白内障手術「多焦点眼内レンズを用いた水晶体再建術」を行っている数少ない医療機関「すぎもと眼科」の杉本栄一郎先生に、近視矯正手術と多焦点眼内レンズについてお話をうかがいました。
多焦点眼内レンズは白内障や老眼のほか、近視や乱視も治すことができるとか。
いずれも一生に一度の手術。メリット・デメリットをきちんと知った上で、信頼できるお医者さんにお願いすることが大切です。
眼鏡やコンタクトレンズが煩わしいと感じる方、白内障手術をお考えの方、ぜひご一読ください。
2016/02/08

【新着医療情報】 土井ファミリー歯科医院
気をつけて!「お口、ポカン」と「口呼吸」

気をつけて!「お口、ポカン」と「口呼吸」|土井ファミリー歯科医院|土井伸浩 先生
土井 伸浩 先生
10歳頃になると男女共に罹患率が50%を超えるという「歯肉炎」。
そんな歯肉炎の子どもたちによく見られる「口呼吸」や「お口、ポカン」の弊害はそれだけではありません。
今回は、全身との関わり合いや口腔機能を含めた包括的な診療を行っている「土井ファミリー歯科医院」の土井伸浩院長にお話をうかがいました。
土井先生は日本歯周病学会歯周病 専門医・指導医と日本口腔インプラント学会 インプラント専門医のダブルライセンスを持ち、歯牙移植も数多く手がけるスペシャリストである一方、講演や研究などでお忙しい中、農業にも勤しみ、地域の子どもたちへの啓蒙・普及活動などにも取り組んでおられ、バイタリティと探究心に満ちた、明るく楽しい先生です。
2015/12/28

【新着医療情報】 滝口耳鼻咽喉科
耳の不調は、できるだけ早い専門医の受診が改善の鍵

めまい、耳鳴り、難聴|滝口耳鼻咽喉科|滝口 峻 先生
滝口 峻 先生
めまいや耳鳴り、難聴など耳の不調を感じた場合、痛みを伴わなければ急いで耳鼻咽喉科を受診することは少ないのですが、実は不調の原因が耳の場合にはできるだけ早く治療を始めることが症状改善の鍵になるそうです。耳鳴りについては、早期治療なら9割以上の患者さんに症状の改善が見られるのだとか。
今回は広島市中区袋町にある滝口耳鼻咽喉科の院長、滝口 峻先生に、耳鳴りや難聴、めまいの治療についてお話をうかがいました。ディスカッションが盛んな学会に参加し、そこから治療のヒントを得ることが多いとおっしゃる探究心が旺盛な滝口先生。「当院の患者さんにはもれなく温泉無料サービスが付いてきます」と茶目っ気たっぷりにお話くださるので「???」と思っていたら、種明かしは、クリニックにあるマシンで作る炭酸水での「手浴」サービスでした。以前診察した糖尿病の患者さんの足の壊死が炭酸水で劇的に改善したのを目の当たりにし、こんなに体に良いものならばと、希望する患者さんへのサービスとして採算度外視で提供を始めたそうです。患者さんに対する思いやりにあふれた先生のお話です。
2015/12/25

【新着医療情報】 土井内科神経内科クリニック
ついさっきしたことを思い出せない……アルツハイマー病の危険性があるかもしれません。

認知症/アルツハイマー病|土井内科神経内科クリニック|土井 光 先生
土井 光 先生
予備軍も含めると推定800万人もの患者がいると言われている認知症。高齢化社会に突入し、その不安感がますます高まっています。通常、一括りにされることが多いのですが、認知症はその原因によっていくつかの種類に分ける事ができます。
今回は認知症の中でもアルツハイマー病について、中区紙屋町にある土井内科神経内科クリニックの副院長、土井 光先生にお話をうかがいました。
未だその発症メカニズムは解明されず、治療方法や予防方法も確立されていませんが、症状の進行を遅らせ、発症のリスクを減らす予防に効果を上げる方法がいろいろと研究されています。アルツハイマー病の症状をはじめ、その治療方法、患者に対して気を付けた方がよい対処方法までとてもわかりやすくお話しいただきました。年齢が上がるにつれて発症の危険性が高まるアルツハイマー病。決して他人ごとではないはずです。
2015/12/21

【新着医療情報】 風呂中内科
毎年冬になると猛威を振るうインフルエンザとは

インフルエンザの対処方法について|風呂中内科|風呂中 誠 先生
風呂中 誠 先生
空気が乾燥する冬の季節に大流行することが多いインフルエンザ。全身の倦怠感や突然の発熱などの症状をはじめ、乳幼児や高齢者がかかると特に重症化することも多い病気です。毎年12月〜3月ぐらいの間に大流行することが多いので、重症化させないためにできる限りの予防策と、かかった場合の対処方法などもきちんと知っておくと安心ですよね。
今回は広島市中区紙屋町にある風呂中内科の院長、風呂中 誠院長に、インフルエンザと風邪の違いといった基本事項から、インフルエンザの症状、予防のための手立て、ワクチンの効果まで詳しく教えていただきました。周囲への感染を防ぐために何日間患者の隔離が必要なのかまで丸わかり。これを読めば、この冬はインフルエンザ知らずで過ごせるかもしれません!

 


 
 

■□■□ 2017年5月によく読まれた記事をCHECK! □■□■

 
喉のイガイガ、喉の違和感、異物感、喉に引っかかった感じがあるなどの不調があって、喉に意識が集中しストレスが溜まっていることはありませんか?

朝、起きた時に手や足の指が動かしにくい…「朝のこわばり」を感じたらチェックして。関節リウマチは高齢者特有の病気ではありません。

下痢や発熱が治まっても、食欲がない、食べれない、食べると気持ち悪い、すぐにもどすなど子供の体調が心配。秋から冬にかけて流行するロタウイルス・ノロウイルスが原因のウイルス性胃腸炎。

子どもの足の裏や指先に小さなイボが…。ウオノメだと思って放置は禁物。尋常性疣贅(じんじょうせいゆうぜい)というウイルス性感染症かも!?

社会不安障害、パニック障害、強迫性障害など…強い緊張や不安によって様々な場面で起きる「不安障害」は、こころではなく脳の病気。



Produce : WCMS Developed : Netprompt