広島の頼れるかかりつけ医&病院・医院・クリニックに出会える健康情報サイト


広島の頼れるかかりつけ医&病院・医院・クリニックに出会える健康情報サイト 広島ドクターズ

 

病名・症状・キーワードからお医者さんレポートを探す かかりつけ医は、「病気を治す」だけでなく、「病気を近づけない」ための強い味方。信頼できるかかりつけ医を見つけることは、大切な家族の健康を守る安心の第一歩なのです。 広島県では、県民一人ひとりががんをより身近なものとして捉え,がん検診の重要性についての意識が高まるよう、がん検診の普及啓発や受診率の向上に力を入れています。 広島ドクターズのサイト運営会社「株式会社和多利」は、広島県「がん検診へ行こうよ」推進会議会員に所属しており、広島ドクターズを通じて広島のがん検診受診率アップに貢献したいと考えています。



広島の病院・医院をエリア別に探す
広島の病院・医院を診療科目別に探す
 
今月のピックアップレポート
通院できないからと諦めないで! 訪問歯科診療で在宅ケア
通院できないからと諦めないで! 訪問歯科診療で在宅ケア
 森野 茂 先生
(森野歯科医院)
 
よく検索されている病名・症状
咽喉頭異常感症喉仏の違和感 喉に(何か)(毛が)詰まった感じ 飲み込む時に違和感 喉に(髪の)毛がある感じ 喉がつまった感じ 喉が塞がる感じ 喉に何かひっかかってる感じ 喉に突っかかった感じ 異物感 飲み込みにくい 引っかかった感じ 喉が渇いたような違和感

過活動膀胱(尿意切迫感 原因 ストレス)

形成外科って何

胃の不調(胃が変な感じ)

ウイルス性胃腸炎(嘔吐 下痢 熱)

子宮筋腫(5センチ 経過観察 6センチ 7センチ 2センチ 1.5センチ)

小児てんかん(てんかん 子供)

心の不調予防(精神疾患 予防)

頭部外傷(たんこぶ すぐ消えた 頭 打ち所)

 

自分にあったかかりつけ医をみつけよう!広島の医院・病院ガイド

自分にあったかかりつけ医をみつけよう!

西原セントラルクリニック(安佐南区)
西原セントラルクリニック(安佐南区)
よしだハートクリニック(中区)
よしだハートクリニック(中区)
医療法人 崇光会 山村整形外科
医療法人 崇光会 山村整形外科(佐伯区)
 
新着お医者さんレポート
 
【広島ドクターズは暮らしに役立つ広島の地域医療情報が満載。その病気とは?どんな症状は?どんな治療をするの?予防ついて、広島のドクターが知りたい医療情報をレポート発信。広島の病院検索も広島ドクターズで】
【広島ドクターズは暮らしに役立つ広島の地域医療情報が満載。その病気とは?どんな症状は?どんな治療をするの?予防ついて、広島のドクターが知りたい医療情報をレポート発信。広島の病院検索も広島ドクターズで】
【広島ドクターズは暮らしに役立つ広島の地域医療情報が満載。その病気とは?どんな症状は?どんな治療をするの?予防ついて、広島のドクターが知りたい医療情報をレポート発信。広島の病院検索も広島ドクターズで】
 

【広島ドクターズは暮らしに役立つ広島の地域医療情報が満載。その病気とは?どんな症状は?どんな治療をするの?予防ついて、広島のドクターが知りたい医療情報をレポート発信。広島の病院検索も広島ドクターズで】
【広島ドクターズは暮らしに役立つ広島の地域医療情報が満載。その病気とは?どんな症状は?どんな治療をするの?予防ついて、広島のドクターが知りたい医療情報をレポート発信。広島の病院検索も広島ドクターズで】
大人のニキビは皮膚科に相談 適切な治療でキレイな肌へ 大人ニキビの原因と治療・スキンケアのアドバイス【うすい皮フ科クリニック 院長 碓井美智子先生】|病気や症状。治療や予防に役立つ 病院・医院・クリニック情報サイト『広島ドクターズ』
(この記事は2012年11月1日時点の情報です)

碓井美智子 先生(皮膚科)

大人のニキビは皮膚科に相談 適切な治療でキレイな肌へ

 
うすい皮フ科クリニック
【住所】広島市南区段原南2-3-24
【TEL】 082-264-7755
 
大人ニキビは皮膚科に相談、キレイな肌へ 原因・治療とスキンケアのアドバイス|うすい皮フ科クリニック 院長 碓井美智子先生
皮膚のトラブルで悩む多くの女性たちからの信頼が厚い碓井美智子先生
 
顔に黒や赤いポツポツ、ブツブツ、鏡を見るたびに、憂鬱(ゆううつ)な気分に…。思春期だけでなく、大人になってもニキビで悩んでいる人が多いのでは。ひどくならないためにはどうしたらいいのか、大人のニキビについて、うすい皮フ科クリニックの碓井美智子先生に聞きました。
 

ニキビはなぜできるのですか?

思春期ニキビの最大の原因は、過剰な皮脂の分泌です。それに対して、大人ニキビの原因はさまざま。内的要因は、疲労や睡眠不足、ストレス、ホルモンバランスの崩れなど。また、外的要因ではシャンプーや洗顔料などによる刺激、汗、紫外線などが挙げられます。
高温多湿の夏に悪化することが多いのですが、実は、乾燥もニキビの大敵。これからの季節も油断できません。

軽いニキビなら、市販の外用薬などを使うのも一つの方法。でも、悪化して跡になったら困りますよね。ニキビをきれいに治したい人、なかなか治らない人は、皮膚科を受診してみましょう。
ニキビは、状態やできた要因で治療法も異なります。間違ったケアで悪化させないためにも、たかがニキビと思わず専門医に相談を。また、ニキビに見えても他の病気が原因のこともあります。
 

根気よく治療すればキレイな肌に近づきます

ニキビの治療は、軽症の場合は通常、外用薬を用います。3年ほど前にレチノイドという新しい外用薬が出てからは、画期的に効果が出るようになりました。毛穴の角質を取り除く薬で、白いニキビや黒いニキビ、炎症を起こした赤いニキビにも効きます。
見えているニキビだけでなく、微小面ぼう(ニキビの前段階。目には見えない毛穴のつまり)が隠れていることがあるので、広い範囲に付けたほうが効果的です。ただし、すぐに効果が出るものではないので、2、3か月以上塗り続けること。やめると再発することがあるので、根気よく治療するのが大切です。

炎症を起こしたニキビには、前述の外用薬のほか、抗菌剤や消炎剤を併せて使うなど、症状に合わせた治療を行います。医療保険の適用外になってしまいますが、ケミカルピーリングやイオン導入、光線治療などの医療行為も行われています。

大人ニキビは皮膚科に相談、キレイな肌へ 原因・治療とスキンケアのアドバイス|うすい皮フ科クリニック 院長 碓井美智子先生
女性の院長先生が親切・丁寧に診察。平日でも混雑するので予約してからの来院がおすすめ。
 

毎日のスキンケアについてアドバイスをお願いします

「ニキビには清潔が一番。こまめに洗顔しています」という人も多いのでは。確かにニキビの最大の要因は皮脂の過剰な分泌ですが、忘れてはいけないのは肌が乾燥してもニキビはできやすいこと。
ニキビに限らずしっとりした肌のほうが肌のトラブルは起きにくいです。乾燥肌では、毛穴からの皮脂や角質の排出がスムーズに行われなくなるとともに、皮膚のバリア機能(保護する力)が妨げられ、外的刺激を受けやすくなります。
皮脂が多い人は、しっかり洗顔したほうがいいのですが、乾燥しているときは洗いすぎると逆効果。清潔にした上で、保湿もしっかりと。自分がどちらのタイプか分からない人は、皮膚科を訪ねるのも一つの方法です。
また、洗い方だけでなく、何で洗うのかもポイント。脂性肌の人は脱脂力の強い洗顔料やさっぱりタイプ、乾燥肌の人は、低刺激で保湿効果の高い、しっとりタイプを選びましょう。
最近は首や胸、背中のニキビに悩む人も多いもの。そんなときには、シャンプーやボディーソープなどは刺激の少ないものを使うのがベストです。
 
また特殊なニキビとして、毛穴の毛包の中に毛包虫というニキビダニが増えることでできるニキビがあります。ニキビ菌同様、誰もが肌に持っていますが、洗顔不足や油性化粧品の使用、湿疹や皮膚炎の外用剤(ステロイドや免疫調整剤など)の使用、体の免疫機能の低下により増えやすくなり、とくに40〜 50代くらいの女性に見られます。

女性には欠かせないコスメも、今使っているもので悪化しなければ大丈夫ですが、毛穴をふさぐような厚化粧はNG。家にいるときなど、メークが必要ないときは落としましょう。
油分の多い化粧品は避けたほうが無難です。ファンデーションも、リキッドタイプよりパウダータイプがおすすめ。ニキビができやすい成分が含まれていない、「ノンコメドジェニック」と表示してある化粧品を選ぶようにしましょう。

実はニキビが他の病気のサインということもあるそうですが...

お父さん、お母さんが若いときにニキビがひどかったという人は要注意。乾燥しやすい肌であったり、ホルモンや免疫機能の問題など、体質が遺伝することがあるため、ニキビができやすいといわれています。
また、生理前に肌荒れが起こる女性は多いはず。男性ホルモンは女性でも副腎で作られていて、それが増えることでニキビができやすくなります。生理前は、卵巣から男性ホルモン作用のある黄体ホルモンの分泌が増加し、卵胞ホルモンが減少するので、ニキビが悪化することがあります。この場合、生理が始まると、ニキビも解消することがほとんどです。

下あごから首にかけてできるニキビは、大人特有のニキビ。血液中に男性ホルモンが増えている場合がほとんどですが、女性の場合、多嚢(のう)胞性卵巣症候群という婦人科系の病気も同様の症状が出ます。月経不順や多毛などの症状を伴っているときは、婦人科を受診することをオススメします。
「たかがニキビ、されどニキビ」、なかなか治らないニキビは、自分の心と体の状態を見つめ直すチャンスなのかもしれませんね。

記事提供:広島リビング新聞社

医師のプロフィール

碓井美智子先生

●広島大学医学部卒業
●広島大学皮膚科入局
●広島大学病院、県立広島病院、長崎病院などで勤務医として勤める
●平成7年『うすい皮フ科クリニック』を開院

・広島県女性医師の会会員
 

うすい皮フ科クリニックの詳細
うすい皮フ科クリニックの詳細

 


 
 

■□■□ 2017年12月によく読まれた記事をCHECK! □■□■

 
喉のイガイガ、喉の違和感、異物感、喉に引っかかった感じがあるなどの不調があって、喉に意識が集中しストレスが溜まっていることはありませんか?

朝、起きた時に手や足の指が動かしにくい…「朝のこわばり」を感じたらチェックして。関節リウマチは高齢者特有の病気ではありません。

下痢や発熱が治まっても、食欲がない、食べれない、食べると気持ち悪い、すぐにもどすなど子供の体調が心配。秋から冬にかけて流行するロタウイルス・ノロウイルスが原因のウイルス性胃腸炎。

社会不安障害、パニック障害、強迫性障害など…強い緊張や不安によって様々な場面で起きる「不安障害」は、こころではなく脳の病気。

命にかかわる病気ではありませんが、経過観察と言われたら生理の変化に気を付けて。過多月経や月経痛がひどくなるなどの場合は早めに産婦人科に相談しましょう。



Produce : WCMS Developed : Netprompt