広島の頼れるかかりつけ医&病院・医院・クリニックに出会える健康情報サイト
「広島ドクターズ」事務局からのお知らせです♪|病気や症状。治療や予防に役立つ 病院・医院・クリニック情報サイト『広島ドクターズ』

事務局からのお知らせ

2018/06/28

【新着医療情報】 いるかクリニック
初期症状のない前立腺がん、早期発見のカギはPSA検査

前立腺がんについて|いるかクリニック|三枝 道尚 先生
三枝 道尚 先生
高齢化に伴い、男性の間でどんどん増えているという前立腺がん。
その多くは比較的進行がゆっくりですが、中には急激に進行し命を落とすようなものもあります。
今回は広島市安佐南区「いるかクリニック」の三枝道尚院長に、前立腺がんについて教えていただきました。
最近テレビドラマで“ダーウィン"として初登場し、話題になった内視鏡手術支援ロボット「ダヴィンチ」。日本では2012年に前立腺がん手術で保険適用となった事で多く用いられており、三枝院長も実際にロボット支援手術を手掛けてこられたそうです。
その他、泌尿器科のがんや病気についても教えていただきましたので、ぜひ参考にして健康維持や早期発見にお役立てください。
2018/05/22

【新着医療情報】 小田歯科・矯正歯科
子どもの健康と正しい発育のために大人が気を付けてあげられること

子どもの健康と正しい発育のために|小田歯科・矯正歯科|小田 義仁 先生
小田 義仁 先生
すぐに転ぶ、骨折しやすい、しゃがめない、片足立ちできない、腕がまっすぐ上がらない、手すりがないと階段をのぼれない、肩こりがひどい、などなど…高齢者に多いとされているロコモティブシンドロームが子どもたちにも増えている事、ご存じですか?
文部科学省もこれらの事態を重くみて、現在は学校健診に運動器検診も取り入れられるようになっています。
多くの公園はボール遊び禁止、小学生になるとゲームをしたり習い事や塾で多忙になったり…、外遊びの場所も時間も大きく減った子どもの生活は昔と大きく変わっています。
運動不足により正しく発育できなかった身体は、その部位が正しく機能しないだけでなく、あちこちに歪みを生じさせる事になってしまいます。
今回は安佐南区「小田歯科・矯正歯科」の小田義仁院長に、パパ・ママをはじめ周りの大人たちにぜひ気を付けてもらいたい子どもの発育についてお聞きしました。
足、呼吸、舌、嚥下など、普段の生活で大人が少し気を付けてあげる事で、子どもの体の正しい成長につながります。
ぜひ参考にして、健康な体づくりにお役立てください。
2018/05/21

【新着医療情報】 みぞて眼科
物が歪んで見えるのは、様々な病気のサイン。放置は禁物です!

変視症について|みぞて眼科|溝手 秀秋 先生
溝手 秀秋 先生
なんだか物が歪んで見えるような気が…。という方、いらっしゃいませんか?
物が歪んで見える「変視症」は様々な病気の症状の一つで、自分で気付く事のできる重要なサインでもありますが、片方の目に症状が起きていても、もう一方の目がそれを補い、病気が進行するまで気付かない事も多いようです。
今回は、海田町「みぞて眼科」の溝手秀秋院長に、変視症の症状があらわれる代表的な病気についてお聞きしました。
その多くは目の奥にある網膜や、重要な細胞が集中する黄斑といった、物を見るために大切な部位の異常が原因なので、手術で再びよく見えるようになる白内障や眼鏡で補う事のできる近視や乱視、老眼などとは異なり、病気によっては進行してしまうと日常生活に支障をきたすほどの視覚障害と付き合っていかざるを得ない場合もあります。
「おかしいな」と思ったら決して放置せず、すぐに検査を受けてみましょう。
2018/05/09

【新着医療情報】 こころ衣笠歯科医院
歯周ポケットの面積、どれくらいあるかご存知ですか?

歯周ポケットの面積ってどれくらい?|こころ衣笠歯科医院|衣笠 裕紀 先生
衣笠 裕紀 先生
今や多くの人に知られている歯周病。歯と歯茎をしっかりケアする事が大事ですが、ある「癖」も進行を促す要因になる事、ご存じですか?また、原因菌が溜まる事で炎症を起こしていく「歯周ポケット」、実際にどれくらいの面積になると思いますか?
今回は、歯周病認定医である「こころ衣笠歯科医院」の衣笠裕紀院長にお話をうかがってきました。
その他、歯を削らない虫歯治療についても教えていただきましたので、併せて参考になさってください。
2018/04/19

【新着医療情報】 ゆうこう歯科
気にした事、ありますか?歯科医院の消毒・滅菌について

歯科医院の消毒・滅菌について|ゆうこう歯科|高橋 雄幸 先生
高橋 雄幸 先生
あなたは歯科医院を選ぶ時、どのような事を重視していますか?
通いやすさ(立地)、スタッフや医師の応対、インフォームドコンセント、清潔感、完全個室、痛くない治療、診療時間、専門性、自由診療の場合は料金など、歯科医院選びのポイントは人により様々だと思います。
しかし、歯科医院のホームページやご近所の評判ではなかなか見えにくいのが消毒・滅菌などの院内感染防止対策です。
今まではそれらの対策をとっている歯科医院の目安として外来環(歯科外来診療環境体制加算:診療時の偶発症など緊急時の対応や感染症対策としての装置・器具の設置などの取り組みを行っている体制)がありましたが、今年からそれが変わってくるようです。
今回は、安佐南区安東「ゆうこう歯科」の高橋雄幸院長に消毒・滅菌に関する話をお聞きしました。
歯科医院ではお口の中というデリケートな部分を診てもらいますが、出血を伴う処置も多く、対策が不十分だと唾液や血液などを介して感染症のルートとなる可能性は否定できません。しかし、だからといってすべての歯科医院が一朝一夕に対策をとれるわけではない事情もあるようです。
自分や家族を感染症から守るために大切な事、ぜひ考えてみる機会にしてみてください。
2018/04/06

【新着医療情報】 しんじ眼科
「PC・スマホ・ゲームは1時間以上続けてしない」「自分に合った眼鏡をかける」で眼精疲労を防ぎましょう

眼精疲労について|しんじ眼科|宍道 健介 先生
宍道 健介 先生
仕事で長時間パソコンを使ったり、移動中や休みの日にもスマホを見たりの生活で眼精疲労になっていませんか?
眼精疲労は目の疲れ、ぼやけ、かすみ、目の痛み、充血、目がしょぼしょぼする、目が重い、まぶしい、涙が出る、など目の症状の他、ひどくなると肩こりや倦怠感、頭痛、めまい、吐き気などの症状も現れます。
目や体の病気といった器質的なもの以外に、目の使い過ぎ、自分に合わない眼鏡をかけている、ストレスなど日頃の生活習慣に原因がある事も多い眼精疲労。
日常生活に問題をきたしたり、何度も繰り返す場合は、市販薬やサプリメント、ツボ押しやマッサージなどだけで解決しようとせず、きちんと眼科で診てもらって原因を探り、対策をとる事が必要です。
今回は、呉市広中町「しんじ眼科」の宍道健介院長に、眼精疲労についてのお話をうかがいました。ぜひ参考にして、目の健康にお役立てください。
2018/03/07

【特集】がんを正しく知りましょう
がん対策推進企業アクション 広島セミナー
「職域におけるがん対策の最新情報」より

【広島ドクターズ 特集】がんを正しく知りましょう がん対策推進企業アクション 広島セミナー「職域におけるがん対策の最新情報」より
【特集】がんを正しく知りましょう がん対策推進企業アクション 広島セミナー「職域におけるがん対策の最新情報」より
2017年12月、広島ドクターズは「がん対策推進企業アクション 広島セミナー」に参加し、がんに関する様々なお話を聞いてきました。
高齢化、女性の社会進出、定年延長などにより、今や女性は2人に1人、男性は3人に2人ががんになるリスクを抱えており、働く人の7人に1人はがん患者という時代に、がんは決して他人事ではありません。
と同時に、早期がんの段階であれば多くは完治する事も可能で、がんになっても通院で治療できる時代でもあります。
正しい知識を得ることで、がん予防と早期発見に努め、また、がんになっても働き続けられる環境づくりが今、求められています。
セミナーでは、東京大学医学部附属病院放射線科 准教授の中川恵一氏、一般社団法人キャンサーペアレンツ 代表理事/エン・ジャパン株式会社 人財戦略室所属で現在も胆管がん闘病中の西口洋平氏、がん対策に取り組まれている地元企業である株式会社メンテックワールド 代表取締役社長の小松節子氏の講演があり、医師の立場から、患者の立場から、企業の立場から、ためになるお話をたくさん聞く事ができました。
堅苦しく考えず、肩の力を抜いて、ぜひ、それぞれのお話を読んでみてください。
ひとりひとりががんを正しく知ることで、自分や家族を守り、会社の人材を守り、よりよい社会がつくられることを願っています。
2017/10/03

【新着医療情報】 トリプルエープラスデンタルクリニック
怖くない!?今や選択肢の一つとして欠かせないインプラント治療

インプラントについて|トリプルエープラスデンタルクリニック|辻野哲弘 先生
辻野 哲弘 先生
近年、虫歯や歯周病などで歯を失ってしまった際の選択肢の一つとして義歯、ブリッジと並び、決して珍しいものではなくなったインプラント治療。良くも悪くも様々な情報が溢れており、歯肉を切開して顎骨にドリルで穴を開ける事や金属を埋め込むという方法から恐怖心をおぼえる方もいらっしゃるのではないでしょうか。
今回は、日本口腔インプラント学会の専門医であり、ICOI(国際インプラント学士会)の指導医でもある「トリプルエープラスデンタルクリニック」辻野哲弘院長にお話をうかがいました。
インプラント治療に興味をお持ちの方、治療に迷っていらっしゃる方、ぜひ参考にされてください。

 

 
 

■□■□ 2018年6月によく読まれた記事をCHECK! □■□■

 
喉のイガイガ、喉の違和感、異物感、喉に引っかかった感じがあるなどの不調があって、喉に意識が集中しストレスが溜まっていることはありませんか?

朝、起きた時に手や足の指が動かしにくい…「朝のこわばり」を感じたらチェックして。関節リウマチは高齢者特有の病気ではありません。

社会不安障害、パニック障害、強迫性障害など…強い緊張や不安によって様々な場面で起きる「不安障害」は、こころではなく脳の病気。

命にかかわる病気ではありませんが、経過観察と言われたら生理の変化に気を付けて。過多月経や月経痛がひどくなるなどの場合は早めに産婦人科に相談しましょう。

多くの種類があって発作の現れ方は様々。「てんかん」は決して珍しい病気ではありません。


病名・症状・キーワードからお医者さんレポートを探す かかりつけ医は、「病気を治す」だけでなく、「病気を近づけない」ための強い味方。信頼できるかかりつけ医を見つけることは、大切な家族の健康を守る安心の第一歩なのです。 広島県では、県民一人ひとりががんをより身近なものとして捉え,がん検診の重要性についての意識が高まるよう、がん検診の普及啓発や受診率の向上に力を入れています。 広島ドクターズのサイト運営会社「株式会社和多利」は、広島県「がん検診へ行こうよ」推進会議会員に所属しており、広島ドクターズを通じて広島のがん検診受診率アップに貢献したいと考えています。



広島の病院・医院をエリア別に探す
広島の病院・医院を診療科目別に探す
 
今月のピックアップレポート
健康やバランスの良い骨格形成と密接に関係している、整った歯並びについて
健康やバランスの良い骨格形成と密接に関係している、整った歯並びについて
 井藤一江 先生
(井藤矯正歯科)
 
よく検索されている病名・症状
咽喉頭異常感症(飲み込み 違和感 飲み込みにくい)

貧血 息切れ

胃の不調(胃がおかしい 胃が動く)

子宮筋腫(5センチ 様子見 7センチ 2センチ 4センチ 何センチで手術 3センチ 手術 大きさ 1センチ)

関節リウマチ(寝起き 指のこわばり 手のこわばり)

摂食障害(食べても吐いてしまう 食べると吐きたくなる 食べると吐く 食べたら吐きたくなる)

変形性膝関節症(膝が重い)

不安障害(急に緊張するようになった)

 

自分にあったかかりつけ医をみつけよう!広島の医院・病院ガイド

自分にあったかかりつけ医をみつけよう!

西原セントラルクリニック(安佐南区)
西原セントラルクリニック(安佐南区)
よしだハートクリニック(中区)
よしだハートクリニック(中区)
医療法人 崇光会 山村整形外科
医療法人 崇光会 山村整形外科(佐伯区)
 
新着お医者さんレポート
 
【広島ドクターズは暮らしに役立つ広島の地域医療情報が満載。その病気とは?どんな症状は?どんな治療をするの?予防ついて、広島のドクターが知りたい医療情報をレポート発信。広島の病院検索も広島ドクターズで】
【広島ドクターズは暮らしに役立つ広島の地域医療情報が満載。その病気とは?どんな症状は?どんな治療をするの?予防ついて、広島のドクターが知りたい医療情報をレポート発信。広島の病院検索も広島ドクターズで】
【広島ドクターズは暮らしに役立つ広島の地域医療情報が満載。その病気とは?どんな症状は?どんな治療をするの?予防ついて、広島のドクターが知りたい医療情報をレポート発信。広島の病院検索も広島ドクターズで】
 
【広島ドクターズは暮らしに役立つ広島の地域医療情報が満載。その病気とは?どんな症状は?どんな治療をするの?予防ついて、広島のドクターが知りたい医療情報をレポート発信。広島の病院検索も広島ドクターズで】
【広島ドクターズは暮らしに役立つ広島の地域医療情報が満載。その病気とは?どんな症状は?どんな治療をするの?予防ついて、広島のドクターが知りたい医療情報をレポート発信。広島の病院検索も広島ドクターズで】
Produce : WCMS Developed : Netprompt