広島の頼れるかかりつけ医&病院・医院・クリニックに出会える健康情報サイト


広島の頼れるかかりつけ医&病院・医院・クリニックに出会える健康情報サイト 広島ドクターズ

 

病名・症状・キーワードからお医者さんレポートを探す かかりつけ医は、「病気を治す」だけでなく、「病気を近づけない」ための強い味方。信頼できるかかりつけ医を見つけることは、大切な家族の健康を守る安心の第一歩なのです。 広島県では、県民一人ひとりががんをより身近なものとして捉え,がん検診の重要性についての意識が高まるよう、がん検診の普及啓発や受診率の向上に力を入れています。 広島ドクターズのサイト運営会社「株式会社和多利」は、広島県「がん検診へ行こうよ」推進会議会員に所属しており、広島ドクターズを通じて広島のがん検診受診率アップに貢献したいと考えています。



広島の病院・医院をエリア別に探す
広島の病院・医院を診療科目別に探す
 
今月のピックアップレポート
口の中の細菌を上手にコントロールして、むし歯や歯周病を予防。
 有田 竜二 先生
(有田歯科医院)
 
よく検索されている病名・症状
咽喉頭異常感症(喉が詰まった感じ 引っかかる感じ 飲み込む 飲み込みにくい 喉仏 違和感)

過活動膀胱(尿意切迫感 原因 ストレス 歩くと尿意)

乳がん(初期 治療 早期発見 早期 治る)

貧血 息切れ

形成外科とは

胃の不調(胃が気持ち悪い 胃の調子が悪い 吐き気 胃が変な感じ 胃が悪い 違和感 胃が重たい 胃がおかしい 胃部不快 胃もたれ 頻繁)

嘔吐 下痢 熱

子宮筋腫(5センチ 経過観察 大きさ 6センチ 1センチ 健康診断 2センチ そのまま 様子見 手術)

小児てんかん(てんかん 子供 てんかん発作 症状)

リウマチ(朝起きると指の関節が痛い 朝のこわばり 寝起き 朝起きると足首が痛い)

摂食障害(食べて吐く 病気 食べる 罪悪感 吐く)

膀胱炎(繰り返す 婦人科 大腸菌)

変形性膝関節症(膝が重い)

不安障害(胸苦しい 緊張すると息苦しくなる 外出 息苦しい 急に不安になる 病気 動悸 不安 過呼吸)

流涙症(涙腺 詰まる 原因)

メニエール病(症状 耳の閉塞感 めまい 発作 耳閉感)

脳神経内科とは(脳神経症状)

甲状腺ホルモン異常(甲状腺 吐き気)

機能性ディスペプシア(吐き気)

心の不調予防(精神病にならないために)

頭部外傷(たんこぶ すぐ消えた)

胆石症(血液検査異常なし)

糖尿病(インスリンが不足すると)

 

自分にあったかかりつけ医をみつけよう!広島の医院・病院ガイド

自分にあったかかりつけ医をみつけよう!

西原セントラルクリニック(安佐南区)
西原セントラルクリニック(安佐南区)
よしだハートクリニック(中区)
よしだハートクリニック(中区)
医療法人 崇光会 山村整形外科
医療法人 崇光会 山村整形外科(佐伯区)
 
新着お医者さんレポート
 
【広島ドクターズは暮らしに役立つ広島の地域医療情報が満載。その病気とは?どんな症状は?どんな治療をするの?予防ついて、広島のドクターが知りたい医療情報をレポート発信。広島の病院検索も広島ドクターズで】
【広島ドクターズは暮らしに役立つ広島の地域医療情報が満載。その病気とは?どんな症状は?どんな治療をするの?予防ついて、広島のドクターが知りたい医療情報をレポート発信。広島の病院検索も広島ドクターズで】
【広島ドクターズは暮らしに役立つ広島の地域医療情報が満載。その病気とは?どんな症状は?どんな治療をするの?予防ついて、広島のドクターが知りたい医療情報をレポート発信。広島の病院検索も広島ドクターズで】
 

【広島ドクターズは暮らしに役立つ広島の地域医療情報が満載。その病気とは?どんな症状は?どんな治療をするの?予防ついて、広島のドクターが知りたい医療情報をレポート発信。広島の病院検索も広島ドクターズで】
【広島ドクターズは暮らしに役立つ広島の地域医療情報が満載。その病気とは?どんな症状は?どんな治療をするの?予防ついて、広島のドクターが知りたい医療情報をレポート発信。広島の病院検索も広島ドクターズで】
広島のクリニックの先生を取材。病気の原因や症状、検診、地域医療のことを分かりやすく記事にまとめました。【お医者さんレポート】|病気や症状。治療や予防に役立つ 病院・医院・クリニック情報サイト『広島ドクターズ』

お医者さんレポート

広島の医師を取材して、病気の原因や症状、検診、地域医療のこと、先生の患者に対する思いなどを記事にまとめました。
エリアと診療科目を絞ってレポート一覧を検索することができます。

★エリア(広島)
★診療科目
キーワード検索
該当 15件

がん免疫療法|水入寛純 先生|水入クリニック(東区・牛田早稲田)

再発予防や標準治療のプラスα効果から末期の方まで幅広くカバーする 「がん免疫療法」って?|水入クリニック|水入寛純 先生|広島ドクターズ(広島の先生に聞いた病気や症状 治療・予防・病院情報)
再発予防や標準治療のプラスα効果から末期の方まで幅広くカバーする 「がん免疫療法」って?
がんと診断された際、まず選択される主な標準治療は「外科的手術」「化学療法(抗がん剤)」「放射線治療」の3つです。これらは現在科学的根拠が認められ、基本となっている治療方法です。また、これらの中でもがんの種類や進行度合いによって治療法が異なります。
しかし、インターネットでがん治療について検索すると他にも様々な治療法が出てきます。おそらく、がん治療に関する情報は他のどの病気よりも氾濫し、錯綜しているのではないでしょうか。それゆえ一般の方には正しい情報とそうでない情報の識別はつきにくく、患者さんにとってはそれこそ生死やQOLに関わる切実な問題です。
今回は、消化器外科・乳腺外科での手術や化学療法から緩和ケアまでトータルにがん医療に関わられた後に開業し、現在は免疫療法や高濃度ビタミンC療法といった自由診療での治療も行われている「水入クリニック」水入寛純院長に、がん免疫療法について、良い所も悪い所も含めて教えていただきました。

機能性ディスペプシアについて|谷 充理 先生|たにクリニック(安芸区・船越南)

機能性ディスペプシアについて|たにクリニック|谷 充理 先生|広島ドクターズ(広島の先生に聞いた病気や症状 治療・予防・病院情報)
胃痛・胃もたれ・膨満感・胸焼け・吐き気などが続いていませんか?
「機能性ディスペプシア」。あまり聞き慣れない言葉だけど、一体なに?
胃やみぞおちが痛い、胃がもたれる、お腹が張る、胸がムカムカする、食べるとすぐにお腹がいっぱいになる、吐き気がする、などの胃腸の不調は、日本人の4人に1人が感じているといわれ、ともするとありふれた症状かもしれません。
機能性ディスペプシア症状の表れ方や原因は人それぞれですが、食事や生活習慣を見直すことで、症状が改善することもあります。
また、そんなありふれた症状には、胃がんが潜んでいることもあるので、油断は禁物です。
今回は、50年続く地域のかかりつけ医として内科・消化器内科・外科に対応され、胃がんなどの早期発見・早期治療にも力を入れておられる「たにクリニック」谷 充理院長にお話をうかがいました。

美容医療による心のケアについて|林 道義 先生|並木Sクリニック(中区・三川町)

美容医療による心のケアについて|並木Sクリニック|林 道義 先生|広島ドクターズ(広島の先生に聞いた病気や症状 治療・予防・病院情報)
顔を治すのは見た目のケア? それとも心のケア?
美容医療というと、顔面の重瞼術、各種しわ取り術や躯幹の脂肪吸引、豊胸術、身体各部の瘢痕修正術や痣などの除去を行う美容外科手術、そして種々の美容皮膚科的治療などがあります。実は、これらの治療が表面的な美しさを追求するだけでなく、心のケアにもつながっていることはなかなか認識されにくいようです。
今回は中区三川町にある並木Sクリニックの林 道義院長に、大学病院で形成外科医として長年勤めた後に美容外科の院長になられた経緯などをうかがうと共に、形成外科と美容外科の違いといった基本的なことから、先生の美容医療に対する思いなどについてお話を聞いてきました。
美しくありたいと願う女性をサポートし続ける林先生とはどのような方? ご一読ください。

話を聴く、手当てをする、患者さん目線の医療|石川 哲大 先生|石川内科外科クリニック(佐伯区・海老園)

地域医療の本質とは。緩和ケアや自律神経失調に必要なこと。|石川内科外科クリニック|石川 哲大 先生|広島ドクターズ(広島の先生に聞いた病気や症状 治療・予防・病院情報)
地域医療の本質とは。緩和ケアや自律神経失調に必要なこと
総合病院外科のトップとして長年勤め、地域医療で全国的に有名な尾道での緩和ケア経験を通し、医療の進歩や環境の変化に伴い出てきた問題を見つめる石川哲大先生。
2014年に開業された佐伯区海老園「石川内科外科クリニック」で、本当に大切な医療とはなにか、地域医療の本質とはなにかを考えた診療を実践されています。
日本緩和医療学会の緩和ケア指導者研修修了という最も進んだ資格を持ち、今年の第29回日本医学会総会のシンポジウムでは、尾道における在宅緩和ケアについて発表されました。
そんな石川先生が考える地域医療とは?また、データ上は異常がないのに体調が悪い、めまいや頭痛がする…といった自律神経失調への対応についてもお伺いしました。

脳卒中と頭部外傷|谷口栄治先生|たにぐち脳神経外科クリニック(東広島・西条駅前)

「脳卒中」「頭部外傷」こんな時はできるだけ早く脳神経外科へ。| たにぐち脳神経外科クリニック | 谷口栄治  先生|広島ドクターズ(広島の先生に聞いた病気や症状 治療・予防・病院情報)
「脳卒中」「頭部外傷」こんな時はできるだけ早く脳神経外科へ。
頭の病気やケガは手遅れになると怖そうなので、すぐに受診すべきか、しばらく様子を見てみるか、判断に迷うことがありますよね。例えば、「足がもつれて上手く歩けずびっくりしたけど、すぐに普通に歩けるようになった」という場合、皆さんならどうしますか?
今回は、東広島市西条にある、たにぐち脳神経外科クリニックの院長、谷口栄治先生に、脳梗塞・脳出血の前兆として起こる症状や、くも膜下出血で見られる頭痛の特徴、脳卒中にならないための予防についてお話を伺いました。
また、頭を強くぶつけた時の対処についても教えて頂きましたよ。頭部外傷ではどんなことに注意が必要か?「打ち所が悪い」とはどこのこと? たんこぶができるのはなぜ?といった質問にも答えて下さいました。

形成外科、美容治療について|岩垂鈴香先生|すず美容形成外科医院(中区・八丁堀)

形成外科はどんな時に受診する科なの? 美容治療のことも教えて。|すず美容形成外科医院|岩垂鈴香 先生|広島ドクターズ(広島の先生に聞いた病気や症状 治療・予防・病院情報)
形成外科はどんな時に受診する科なの? 美容治療のことも教えて。
「形成外科」は、なかなか馴染みがないという方も多いと思います。また一方で、美容整形のイメージが強くて、特別な科だと思っている人も。
今回は、八丁堀にある「すず美容形成外科医院」の院長、岩垂鈴香先生に、形成外科が扱う治療について伺い、お子さんのケガや年配の方の眼瞼下垂をはじめ、どんな時に形成外科を利用したら良いのかアドバイスを頂きました。
また、美容についても興味深いお話を聞かせて頂きましたよ。
これまでたくさんの女性のコンプレックスを解消し、患者さんから厚い信頼を寄せられている岩垂院長。女性医師ならではの診療にかける思いが伝わってくるレポートです。

変形性膝関節症について|日域淳一郎先生|日域整形外科クリニック(佐伯区・五日市駅前)

「膝がいつもと違う」これって、変形性膝関節症の初期症状?!関節が動きにくい、痛くて動かせない、正座や長座ができない、そんな膝の悩みについて、関節鏡視下手術がご専門の日域淳一郎院長に伺いました。|日域整形外科クリニック|日域淳一郎 先生|広島ドクターズ(広島の先生に聞いた病気や症状 治療・予防・病院情報)
「膝がいつもと違う」これって、変形性膝関節症の初期症状?!
朝、布団から出ようとしたら「何だか膝がおかしい?!」と感じたことはありませんか? 時間が経てば普段通り動くようになるので、「まぁ、いいか」と見過ごしがちですが、変形性膝関節症の兆候かもしれませんよ。
中高年になって膝が痛くなる原因で最も多いと言われる変形性膝関節症。しかも女性がかかる割合が高いと言います。運動に自信のある方でも、病気について正しい知識を持ち、膝に負担を掛けない生活を心掛けたいものです。
今回は、日域整形外科クリニックの院長、日域淳一郎先生に、変形性膝関節症についてお話を伺いました。症状や診断方法、先生のご専門である膝関節の「関節鏡視下手術」についても、分かりやすくご説明頂きました。

骨粗鬆症について|兼山敦先生|兼山整形外科医院(西区・観音)

カルシウム不足のツケは50代にやってくる!骨粗鬆症予防には骨密度と骨質アップ。YAM値70%切らないようにカルシウム摂取を心掛け適度な運動を|兼山整形外科医院|山本修 先生|広島ドクターズ(広島の先生に聞いた病気や症状 治療・予防・病院情報)
女性の皆さん必見!「骨粗しょう症」の予防と治療について
若い頃からのカルシウム摂取不足のツケは、50代にやってきます。そう、女性の大敵「骨粗しょう症」。
骨粗しょう症はほとんどの女性がなってしまう病気と言っても過言ではありませんが、骨密度検査を習慣化して若い頃からカルシウム摂取を心がけていれば、将来、骨粗しょう症で苦しむリスクを減らすことができます。
今回は「兼山整形外科医院」の院長、兼山敦先生に、骨粗しょう症の症状や治療、予防対策についてお話を伺いました。
骨粗しょう症は自覚症状がないまま進行する病気。自分の骨が元気なのかそうではないのかなんて、検査をしなければ分かりません。子どもの頃から「牛乳を飲みなさい」と言われてきたけど、その必要性を実感できていない人も多いのではないでしょうか?
兼山先生のレポートが、多くの女性にとって骨粗しょう症予防を意識するきっかけになればと思います。そして、さっそく明日から「1日2杯の牛乳」を実践してもらえたら!

在宅診療について|山口剛先生|やまぐちホームケアクリニック(安佐北区・口田)

地域社会と行政が一体となって「住まい・医療・介護・予防・生活」を支援する「地域包括ケアシステム」を活用した在宅医療の実現へ |やまぐちホームケアクリニック|山口剛先生|広島ドクターズ(広島の先生に聞いた病気や症状 治療・予防・病院情報)
これからは人を診る医療へ。「在宅診療」という選択
「高齢化社会」「医療費削減」などの言葉とともに、「在宅診療」という言葉をよく耳にするようになりました。在宅診療とは読んで字のごとく、在宅で医療が受けられることですが、実際にそれがどのような医療で、どんな対応をしてもらえるのか、また家族に負担はかからないのかなど分からないことが多く、誰もが受けられる身近な医療という認識はまだまだ低いようです。今回お話を伺ったのは、「患者さんが望む医療を実現したい」という思いから、2013年9月に在宅診療を専門に行う「やまぐちホームケアクリニック」を開院した山口剛院長。外科医として数多くの手術を手掛け、全身管理や末期がんの終末期医療に携わってこられた経験を生かし、現在は365日24時間体制で在宅診療に取り組まれています。熱意をもって地域の患者さんをサポートする山口先生に、在宅診療がどのような医療なのか、また在宅診療を支える「地域包括ケアシステム」とは何かについてお聞かせ頂きました。

整形外科のリハビリについて|中谷徳雄先生|中谷整形外科(東区・愛宕町)

腰の痛み、膝の痛み、四十肩・五十肩。整形外科のリハビリは関節可動域を広げ、筋力強化で運動機能を回復し悪化防止を図り、基本的な日常生活が送られるよう、さらには一生自分の足で歩けるようサポート|中谷整形外科|中谷徳雄 先生|広島ドクターズ(広島の先生に聞いた病気や症状 治療・予防・病院情報)
自分の足で一生歩けるように! 整形外科のリハビリテーション
特にお年寄りの患者さんにとって「リハビリ」は、単に身体機能回復のための訓練を指す言葉ではありません。生涯に渡って自立した日常生活が送られるよう、その人の機能能力をできるだけ引き出し、自分らしい生活を取り戻すことがリハビリテーションの本当の役目です。今回のレポートは、「中谷整形外科」の院長、中谷徳雄先生に整形外科のリハビリについてお話を聞かせて頂きました。加齢による体の衰えは仕方のないこと。ですが、「一生自分の足で歩く!」という希望を持って諦めない人には、リハビリが全力でサポートしてくれます。今後ますます高齢化が進行する社会において、より多くの人が幸せに長生きできるために、整形外科のリハビリが果たす役割は大きいと思われます。

がん(癌)について|高橋司先生|高橋メディカルクリニック(中区・大手町)

がん(癌)について、PM2.5や放射線など発がん性物質の影響、抗がん剤治療・放射線治療・ホルモン療法・免疫細胞療法について、がん検診の重要性|高橋メディカルクリニック|高橋司先生|広島ドクターズ(広島の先生に聞いた病気や症状 治療・予防・病院情報)
知識として知っておきたい「がん(癌)」のこと
 日本人の死亡原因の第一位となっているがん(癌)。発症する人は年々増え続けており、誰もが注意したい恐ろしい病気ですが、これまでがんとは無縁な人にとって、自分や自分の家族ががん患者になることなんて想像もできず、実際にどんな病気で、どんな治療法があるのか、がんのことを知る機会は少ないと思います。今回は、東大病院や米国ハーバード大学で最先端のガン治療研究に長年携わってこられた「医療法人つかさ会 高橋メディカルクリニック」の院長・高橋司先生に、がんの症状、治療、危険因子について分かりやすく説明頂きました。健診の重要性はもちろん、新しいがん治療の話や、最近心配されているPM2.5や放射能のがん発症への影響なども伺いました。

脳卒中(脳梗塞 脳内出血 くも膜下出血)とは|吉岡宏幸先生|緑井脳神経外科(安佐南区・緑井)

怖い脳卒中。脳梗塞・脳出血・くも膜下出血にならないために。 めまい・しびれ・麻痺・言語障害の症状|緑井脳神経外科|吉岡宏幸 先生|広島ドクターズ(広島の先生に聞いた病気や症状 治療・予防・病院情報)
「ならない」「再発させない」。脳卒中の症状、原因、予防について
脳卒中。あまりにも怖い病気なので、「自分もかかってしまうかも?」など思ったこともないし、考えるのも嫌だという人が多いかもしれません。「私はまだ若いから大丈夫」という方! 今や脳卒中は若年化していて、若い方でもかかる人が増えているんですよ。今回、「緑井脳神経外科」の院長、吉岡宏幸先生に、脳卒中がどんな病気なのか伺いました。
いつまでも家族が健康でいられるために、「脳梗塞」「脳内出血」「くも膜下出血」を寄せ付けない生活を心がけましょう!

片頭痛とは|山村邦夫先生|山村クリニック(中区・紙屋町)

「頭が痛い!」偏頭痛をコントロール。頭痛薬・閃輝暗点子供の頭痛について|山村クリニック|山村邦夫先生|広島ドクターズ(広島の先生に聞いた病気や症状 治療・予防・病院情報)
片頭痛で苦しまない毎日を! 自らが片頭痛を克服した医師がアドバイス
ズキンズキンと脈を打つように痛む「片頭痛」。本当につらいですよね。今回のレポートは、自らも片頭痛で苦しみ、病気を克服した経験をお持ちの脳神経外科医師、「山村クリニック」の山村邦夫院長に、片頭痛について分かりやすくお話して頂きました。体質的な原因によるため、完治が難しいと言われている片頭痛ですが、上手くコントロールすれば片頭痛で苦しまないハッピーな毎日が送れるのだと話す山村先生。自身が向き合ってきた病気だからこそ、片頭痛で苦しんでいる人を少しでも減らしたい、助けてあげたいという思いが記事からも伝わってきますよ。

腰椎ヘルニア(椎間板ヘルニア)について|山村 聡先生|医療法人 崇光会 山村整形外科(佐伯区・八幡)

「腰椎ヘルニア(椎間板ヘルニア)」の原因と治療|山村整形外科 院長 山村 聡先生|広島ドクターズ(広島の先生に聞いた病気や症状 治療・予防・病院情報)
年齢や性別に関係なく、誰でもかかり得る「腰椎ヘルニア」って?
「最近、腰の調子が…」と気になっている方はいませんか?「疲れがたまっているから」「単なる筋肉痛だろう」と、ついつい受診を先延ばしにしてしまいがちですが、もしかしたら腰椎ヘルニアの初期症状ということも。年齢や性別に関係なく、誰でもかかり得る腰椎ヘルニアという病気について、山村整形外科の山村聡院長に話を伺いました。

痔について|中島真太郎先生|広島大腸肛門クリニック(西区・庚午)

注射療法で日帰り手術も可能になった「痔」の最新治療と予防について|広島大腸肛門クリニック 院長 中島真太郎先生|広島ドクターズ(広島の先生に聞いた病気や症状 治療・予防・病院情報)
注射療法で日帰り手術も可能に。「痔」の最新治療と予防について
「もしかして痔(じ)?」と思いつつも、病院にいくことをためらっている人も少なくないようです。「日本人の3人に1人は痔を患っている」といわれるほど、誰でもかかりうる「痔」。新しい治療法と予防について、広島大腸肛門クリニック院長の中島真太郎先生に聞きました。
該当 15件

 


 
 

■□■□ 2017年9月によく読まれた記事をCHECK! □■□■

 
喉のイガイガ、喉の違和感、異物感、喉に引っかかった感じがあるなどの不調があって、喉に意識が集中しストレスが溜まっていることはありませんか?

朝、起きた時に手や足の指が動かしにくい…「朝のこわばり」を感じたらチェックして。関節リウマチは高齢者特有の病気ではありません。

社会不安障害、パニック障害、強迫性障害など…強い緊張や不安によって様々な場面で起きる「不安障害」は、こころではなく脳の病気。

命にかかわる病気ではありませんが、経過観察と言われたら生理の変化に気を付けて。過多月経や月経痛がひどくなるなどの場合は早めに産婦人科に相談しましょう。


Produce : WCMS Developed : Netprompt