広島の頼れるかかりつけ医&病院・医院・クリニックに出会える健康情報サイト
広島のクリニックの先生を取材。病気の原因や症状、検診、地域医療のことを分かりやすく記事にまとめました。【お医者さんレポート】|病気や症状。治療や予防に役立つ 病院・医院・クリニック情報サイト『広島ドクターズ』

お医者さんレポート

広島の医師を取材して、病気の原因や症状、検診、地域医療のこと、先生の患者に対する思いなどを記事にまとめました。
エリアと診療科目を絞ってレポート一覧を検索することができます。

★エリア(広島)
★診療科目
キーワード検索
該当 91件   1   2   3   4   5   6  

生活習慣病の予防・改善について|梶山正治 先生|梶山内科医院(中区・三川町)

生活習慣病は、運動療法と食事療法で予防・改善|梶山内科医院|梶山正治 先生|広島ドクターズ(広島の先生に聞いた病気や症状 治療・予防・病院情報)
肥満解消!これが生活習慣病改善への第一歩
以前は成人病と呼ばれていた「生活習慣病」。これは、偏食や運動不足、喫煙や飲酒などの生活習慣が病気の発症や進行に深く関与している病気の総称で、最近は年齢にかかわらず若い方でも発症の危険性が高まっています。今回は、中区三川町にある梶山内科医院の院長、梶山正治先生に、生活習慣病を予防・治療する際に必要なことを分かり易くシンプルにまとめてお話しいただきました。ご自身も生活習慣病を予防するためにジムへ通い、ここ半年ぐらいは理想体重をキープできているとか。来院した患者さんと広島カープに関する野球談義で盛り上がる親しみやすさ満点の先生です。

ブリッジ・義歯・インプラント・自家歯牙移植について|河島紘太郎 先生|ごこちデンタルクリニック(中区・小町)

失った歯を補う「ブリッジ」「義歯」「インプラント」「自家歯牙移植」について|ごこちデンタルクリニック|河島紘太郎 先生|広島ドクターズ(広島の先生に聞いた病気や症状 治療・予防・病院情報)
失った歯を補う方法とは?「ブリッジ」「義歯」「インプラント」「自家歯牙移植」について
毎日きちんと歯磨きをしているつもりだけれど、むし歯や歯周病の予防・治療が間に合わずに、ある日自分の歯を失うことになったら、あなたならどうしますか?
今回は中区小町にあるごこちデンタルクリニックの河島紘太郎院長に、咀嚼機能を取り戻すための方法として現在考えられるブリッジ、義歯、インプラント、自家歯牙移植の4つの方法について、そのメリット・デメリットも含めて詳しくお聞きしてきました。
歯医者さんと聞くと誰もが「痛い」「行きたくない」といったマイナスのイメージを思い浮かべますが、思わず行きたくなるような「居心地の良い」クリニックを目指し、それをクリニック名にしている河島先生。患者さんがどうしたいのかを把握し、歯を残すためにどんな方法があるのかをきちんと説明する、そういったカウンセリングにも時間をしっかりかけてくれる先生です。

保険が適用される矯正治療とは|花岡宏一 先生|花岡矯正歯科クリニック(中区・大手町)

厚労省認定の先天疾患だったり、顎変形症手術の前後に必要な矯正は要チェックです|花岡矯正歯科クリニック|花岡宏一 先生|広島ドクターズ(広島の先生に聞いた病気や症状 治療・予防・病院情報)
厚労省が定めた先天疾患や顎変形症手術前後の矯正なら要チェック!
歯の矯正はお金がかかるから、とはじめからあきらめている方はいらっしゃいませんか。実は健康保険が適用になる矯正があって、厚生労働省によって定める先天疾患にあてはまると診断されたり、顎変形症の外科手術の前後に行う矯正であれば、全額自己負担だと思っていたものが1割負担で矯正可能になります。
ただし、どこの医療機関でもその治療ができるわけではなく、認可された医療機関で診断・治療してもらう必要があります。現在、健康保険が適用になる矯正歯科治療を行なえる医療機関は、広島近辺では16機関のみ。
今回はその中の1つ、広島市中区にある花岡矯正歯科クリニックの花岡宏一先生に、健康保険で治療が可能になる矯正歯科治療について詳しくご説明いただきました。
誰にでもあてはまる話ではありませんが、知らないと損をする人がきっといるはずです。ぜひご一読いただき、参考にしてください。

認知症/アルツハイマー病|土井 光 先生|土井内科神経内科クリニック(中区・紙屋町)

自覚症状があまりないままに物忘れがひどくなったり、怒りっぽくなったり。知らぬ間に進行するアルツハイマーについて知ることで、早期発見、早期治療を心掛けましょう。|土井内科神経内科クリニック|土井 光 先生|広島ドクターズ(広島の先生に聞いた病気や症状 治療・予防・病院情報)
ついさっきしたことを思い出せない……アルツハイマー病の危険性があるかもしれません。
予備軍も含めると推定800万人もの患者がいると言われている認知症。高齢化社会に突入し、その不安感がますます高まっています。通常、一括りにされることが多いのですが、認知症はその原因によっていくつかの種類に分類されます。
今回は認知症の中でもアルツハイマー病について、中区紙屋町にある土井内科神経内科クリニックの副院長、土井 光先生にお話をうかがいました。
未だその発症メカニズムは解明されず、治療方法や予防方法も確立されていませんが、症状の進行を遅らせ、発症のリスクを減らす予防に効果を上げる方法がいろいろと研究されています。アルツハイマー病の症状をはじめ、その治療方法、患者に対して気を付けた方がよい対処方法までとてもわかりやすくお話しいただきました。年齢が上がるにつれて発症の危険性が高まるアルツハイマー病。決して他人ごとではないはずです。参考にしてください。

訪問歯科診療について|森野茂先生|森野歯科医院(中区・白島)

訪問歯科診療で在宅ケア。入れ歯のお手入れや口腔ケアをご自宅で|森野歯科医院|院長 森野茂 先生|広島ドクターズ(広島の先生に聞いた病気や症状 治療・予防・病院情報)
通院できないからと諦めないで! 訪問歯科診療で在宅ケア
通院できないからと歯科治療を諦めている方、歯科にも訪問診療があるのをご存じですか?歯科に通えない人のために往診を行う、地域に根付いた歯医者さんが広島にもたくさんいるんですよ。今回は、訪問歯科診療について「森野歯科医院」の院長、森野茂先生に話を聞きました。「誰でも受けられるの?」「どうしたら申し込めるの?」などの質問にも、分かりやすく答えてくれました。患者さんとの心温まるエピソードを交えて、地域の人と人とをつなぐ、訪問診療の役割についても伺いました。

貧血、血液内科の疾患について|藏本憲先生|藏本内科(中区・大手町)

息切れを感じたら貧血のサインかも。血液中の鉄不足から酸欠が起こる鉄欠乏性貧血。血が止まらない、ぶつけた覚えのない内出血やあざができる、鼻血が出やすいといった自覚症状は血液内科に相談|藏本内科|藏本憲 先生|広島ドクターズ(広島の先生に聞いた病気や症状 治療・予防・病院情報)
貧血を甘くみてはダメ! 血液からのSOSは血液内科へ相談しよう
血液の健康を専門的に診てくれる「血液内科」があるのをご存知ですか? 血液に関する病気と言えば、白血病のような重篤な病気が思い浮かぶかもしれませんが、貧血、あざや内出血、鼻血などの身近な症状も、血液内科の専門分野です。
今回は血液内科がご専門の「藏本内科」の院長、藏本憲先生に、血液内科で気を付けたい病気や、女性に多い貧血について詳しく説明して頂きました。
血液は生命を維持するための大切な役割を果たすだけでなく、体の悪い部分を教えてくれる健康バロメーター。注意したい自覚症状も、藏本先生にアドバイスして頂きました。

インフルエンザの対処方法について|風呂中 誠先生|風呂中内科(中区・紙屋町)

毎年冬になると猛威を振るうインフルエンザ。その対処法と予防法とは。ワクチンの有効性とは。|風呂中内科|風呂中 誠先生|広島ドクターズ(広島の先生に聞いた病気や症状 治療・予防・病院情報)
毎年冬になると猛威を振るうインフルエンザとは
空気が乾燥する冬の季節に大流行することが多いインフルエンザ。全身の倦怠感や突然の発熱などの症状をはじめ、乳幼児や高齢者がかかると特に重症化することも多い病気です。毎年12月〜3月ぐらいの間に大流行することが多いので、重症化させないためにできる限りの予防策と、かかった場合の対処方法などもきちんと知っておくと安心ですよね。
今回は広島市中区紙屋町にある風呂中内科の院長、風呂中 誠院長に、インフルエンザと風邪の違いといった基本事項から、インフルエンザの症状、予防のための手立て、ワクチンの効果まで詳しく教えていただきました。周囲への感染を防ぐために何日間患者の隔離が必要なのかまで丸わかり。これを読めば、この冬はインフルエンザ知らずで過ごせるかもしれません!

心的外傷ストレス(PTSD)|森田 幸孝 先生|もりた心療内科クリニック(中区・大手町)

死を意識するようなショック体験の後に表れる心の不調、PTSDとは。|もりた心療内科クリニック|森田  幸孝 先生|広島ドクターズ(広島の先生に聞いた病気や症状 治療・予防・病院情報)
心の病かも?と思ったら一人で悩まないでまずは受診
2014年8月に広島市北部を襲った土砂災害。多くの人命が失われ、たくさんの家屋が倒壊しました。そして、今でも、その経験が原因となって心的外傷ストレス(PTSD)に苦しめられている方が広島にはたくさんいらっしゃるのではないでしょうか。
今回は中区にあるもりた心療内科クリニックの院長、森田幸孝先生に心的外傷ストレス(PTSD)を中心に、心の不調についてお話をうかがいました。もりた心療内科にはPTSDの方だけでなく、うつ症状や不眠、不安などの適応障害、統合失調症などいろいろな症状の方が通院されています。街中のクリニックだけあって、患者さんの年代層は10代から90代までと幅広く、症状もさまざまです。そういった方々に対して、先生はどのように接していらっしゃるのでしょう。また、どのように治療は進んでいくのでしょう。
もしご自分やご家族、身近な人が心の病をかかえてしまったら、くよくよ悩んでいないでまずは心療内科を受診してみようと思えるお話ばかりです。

レーザー治療/口腔内細菌管理|本山 智得 先生|本山歯科医院(中区・上八丁堀)

痛みを感じにくく切削音や振動が少ない。切断面がきれいな歯科用レーザー。お口の中から健康になる口腔内細菌管理。|本山歯科医院|本山 智得 先生|広島ドクターズ(広島の先生に聞いた病気や症状 治療・予防・病院情報)
進化する歯科治療。「レーザー治療」「口腔内細菌管理」について
技術の進歩に伴い、歯科治療の選択の幅はぐんと広がりました。その中でも、どのような治療ができるのか気になる人が多いのが、「レーザー治療」。導入する歯科医院が増え、レーザーを希望される患者さんも多いようです。
今回は、中区上八丁堀にある「本山歯科医院」の本山智得院長に、歯科レーザー治療で期待できる治療やメリットを伺いました。
また、「バクテリアセラピー」として女性雑誌に取り上げられ、多くの女性に注目されている「口腔内細菌管理」についても教えて頂きました。
本山先生は、広島県警察歯科医会専任理事を務め、安佐南区で発生した土砂災害の際は、被害に遭われた方の身元特定に尽力されたそうです。検案検死という歯科医師のお仕事についても、お話を聞かせて頂きました。

水虫について|水野寛先生|水野皮ふ科(東区・若草町)

おしゃれや仕事が原因?! 「水虫」の原因と対策について|水野皮ふ科 理事長 水野寛先生|広島ドクターズ(広島の先生に聞いた病気や症状 治療・予防・病院情報)
おしゃれや仕事が原因?! 女性の素足に「水虫」警報!
「おしゃれが大好き」「仕事に夢中」、いつも一生懸命な女性の姿は輝いています。その反面、「近ごろ足に異変が…」と人知れず悩んでいる人も多いのでは。最近は女性の間でも水虫が増加中で、夏場は特に注意が必要だとか。そこで、水野皮ふ科の水野寛先生に水虫について聞きました。

ドライアイとオルソケラトロジーについて|山村 基成先生|山村眼科(東区・若草町)

眼の現代病「ドライアイ」/新しい視力矯正「オルソケラトロジー」|山村眼科|山村 基成 先生|広島ドクターズ(広島の先生に聞いた病気や症状 治療・予防・病院情報)
眼の現代病「ドライアイ」/新しい視力矯正「オルソケラトロジー」
涙は目を守るバリアの役割を果たします。その涙の分泌量が減ったり、量は十分でも涙の質が低下することによって、涙の表面を潤す力が低下した状態を「ドライアイ」と言います。
以前は病気としての認識が低く、ドライアイは目の不快感として軽視されがちでしたが、最近では知らない人はいないくらいドライアイという言葉も定着しました。それもそのはずで、現在ドライアイの国内患者数は800万〜2,200万人にのぼり、オフィスワーカーの3人に1人がドライアイに苦しんでいるといった報告もあります。
デジタル化が進む現代社会において、ドライアイは誰もがかかる可能性のある病気。単なる目の乾き、疲れ目として放っておかず、ドライアイを予防することが大切です。

インプラントについて|辻野哲弘 先生|トリプルエープラスデンタルクリニック(東区・牛田本町)

インプラントについて |トリプルエープラスデンタルクリニック|辻野哲弘 先生|広島ドクターズ(広島の先生に聞いた病気や症状 治療・予防・病院情報)
怖くない!?今や選択肢の一つとして欠かせないインプラント治療
近年、虫歯や歯周病などで歯を失ってしまった際の選択肢の一つとして義歯、ブリッジと並び、決して珍しいものではなくなったインプラント治療。良くも悪くも様々な情報が溢れており、歯肉を切開して顎骨にドリルで穴を開ける事や金属を埋め込むという方法から恐怖心をおぼえる方もいらっしゃるのではないでしょうか。
今回は、日本口腔インプラント学会の専門医であり、ICOI(国際インプラント学士会)の指導医でもある「トリプルエープラスデンタルクリニック」辻野哲弘院長にお話をうかがいました。
インプラント治療に興味をお持ちの方、治療に迷っていらっしゃる方、ぜひ参考にされてください。

がん免疫療法|水入寛純 先生|水入クリニック(東区・牛田早稲田)

再発予防や標準治療のプラスα効果から末期の方まで幅広くカバーする 「がん免疫療法」って?|水入クリニック|水入寛純 先生|広島ドクターズ(広島の先生に聞いた病気や症状 治療・予防・病院情報)
再発予防や標準治療のプラスα効果から末期の方まで幅広くカバーする 「がん免疫療法」って?
がんと診断された際、まず選択される主な標準治療は「外科的手術」「化学療法(抗がん剤)」「放射線治療」の3つです。これらは現在科学的根拠が認められ、基本となっている治療方法です。また、これらの中でもがんの種類や進行度合いによって治療法が異なります。
しかし、インターネットでがん治療について検索すると他にも様々な治療法が出てきます。おそらく、がん治療に関する情報は他のどの病気よりも氾濫し、錯綜しているのではないでしょうか。それゆえ一般の方には正しい情報とそうでない情報の識別はつきにくく、患者さんにとってはそれこそ生死やQOLに関わる切実な問題です。
今回は、消化器外科・乳腺外科での手術や化学療法から緩和ケアまでトータルにがん医療に関わられた後に開業し、現在は免疫療法や高濃度ビタミンC療法といった自由診療での治療も行われている「水入クリニック」水入寛純院長に、がん免疫療法について、良い所も悪い所も含めて教えていただきました。

子どものやけど・傷の処置について|増田宏先生|ますだ小児科(東区・東蟹屋町)

子ども 小児科 やけど 傷 ケガ ウェット療法 心理カウンセリング  不登校 消毒|ますだ小児科|院長 増田宏 先生|広島ドクターズ(広島の先生に聞いた病気や症状 治療・予防・病院情報)
子どものやけど、すり傷は、「消毒しない、乾かさない、ガーゼをあてない」
子供のすり傷、切り傷、やけどの手当て、皆さんどうしていますか? 今、「消毒をしない、乾かさない、ガーゼをあてない」治療が、皮膚に優しく、痛くなく、痕を残さないと注目されています。今回、お話を伺ったのは「ますだ小児科」の院長、増田宏先生。フランクに話してくださる、子ども心を大切にした先生です。「こんな症状の時も小児科を受診していいの?」といったお母さんの疑問にも答えていただき、子どもの心理カウンセリングにも取り組む、町のかかりつけ小児科医としての思いも伺いました。

整形外科のリハビリについて|中谷徳雄先生|中谷整形外科(東区・愛宕町)

腰の痛み、膝の痛み、四十肩・五十肩。整形外科のリハビリは関節可動域を広げ、筋力強化で運動機能を回復し悪化防止を図り、基本的な日常生活が送られるよう、さらには一生自分の足で歩けるようサポート|中谷整形外科|中谷徳雄 先生|広島ドクターズ(広島の先生に聞いた病気や症状 治療・予防・病院情報)
自分の足で一生歩けるように! 整形外科のリハビリテーション
特にお年寄りの患者さんにとって「リハビリ」は、単に身体機能回復のための訓練を指す言葉ではありません。生涯に渡って自立した日常生活が送られるよう、その人の機能能力をできるだけ引き出し、自分らしい生活を取り戻すことがリハビリテーションの本当の役目です。今回のレポートは、「中谷整形外科」の院長、中谷徳雄先生に整形外科のリハビリについてお話を聞かせて頂きました。加齢による体の衰えは仕方のないこと。ですが、「一生自分の足で歩く!」という希望を持って諦めない人には、リハビリが全力でサポートしてくれます。今後ますます高齢化が進行する社会において、より多くの人が幸せに長生きできるために、整形外科のリハビリが果たす役割は大きいと思われます。

COPDについて|能島大輔 先生|ビッグフロント広島内科・呼吸器科(南区・松原町)

COPDについて |ビッグフロント広島内科・呼吸器科|能島大輔 先生|広島ドクターズ(広島の先生に聞いた病気や症状 治療・予防・病院情報)
COPDも?死に至る病気はがんだけではありません。だから「今すぐ禁煙」!
日本では近年、様々な施設での分煙や全面禁煙が進んでいますが、この2月には「飲食店は原則禁煙」などの受動喫煙対策を盛り込んだ健康増進法改正案をめぐり、厚生労働省が小規模居酒屋や焼き鳥店なども全面禁煙にする方向での議論に入った事が伝えられました。
未成年が原則立ち入らない床面積約30平方メートル以下の小規模なバーやスナックは例外としていますが、この法案が通ると受動喫煙防止の幅がさらに広がる一方、喫煙者はさらに肩身の狭い思いをする事になりそうです。
今回は、今年2月に「ビッグフロント広島内科・呼吸器科」を開業された能島大輔院長に、たばこが与える悪影響についてお聞きしました。
発がん率の高さは多くの方が知るところですが、最近はたばこによるCOPD、肺気腫で亡くなる方が増えているようです。
ここで一念発起、医療の力を借りて禁煙にチャレンジしてみませんか?

子どものアトピー性皮膚炎|坂谷達一郎先生|さかたに小児科(南区・宇品)

子どものアトピー性皮膚炎は食べ物アレルギーが原因|さかたに小児科|坂谷達一郎先生|広島ドクターズ(広島の先生に聞いた病気や症状 治療・予防・病院情報)
子どものアトピー性皮膚炎は食べ物アレルギーが原因
早い子で生後2、3週間から症状が現れるアトピー性皮膚炎。原因や治療方法が確立されていないことから、病気にかかったお子さんと、なんとかしてあげたいと願うお母さんを苦しめる病気です。
今回は、南区宇品神田にある「さかたに小児科」を訪れ、アトピー性皮膚炎に苦しむ子どもたちの治療に積極的に取り組んでおられる坂谷達一郎院長を伺いました。「自己血療法」などの新しい治療法を取り入れ、体の中からアレルギー体質を改善していく治療を基本とする坂谷先生のもとには、遠方からも多くの患者さんが通院しています。
食べ物アレルギーが原因で起こる乳幼児期のアトピー性皮膚炎について、そのメカニズムや治療法など、興味深いお話を聞かせて頂きました。
該当 91件   1   2   3   4   5   6  

 

 
 

■□■□ 2018年3月によく読まれた記事をCHECK! □■□■

 
喉のイガイガ、喉の違和感、異物感、喉に引っかかった感じがあるなどの不調があって、喉に意識が集中しストレスが溜まっていることはありませんか?

朝、起きた時に手や足の指が動かしにくい…「朝のこわばり」を感じたらチェックして。関節リウマチは高齢者特有の病気ではありません。

社会不安障害、パニック障害、強迫性障害など…強い緊張や不安によって様々な場面で起きる「不安障害」は、こころではなく脳の病気。

命にかかわる病気ではありませんが、経過観察と言われたら生理の変化に気を付けて。過多月経や月経痛がひどくなるなどの場合は早めに産婦人科に相談しましょう。



病名・症状・キーワードからお医者さんレポートを探す かかりつけ医は、「病気を治す」だけでなく、「病気を近づけない」ための強い味方。信頼できるかかりつけ医を見つけることは、大切な家族の健康を守る安心の第一歩なのです。 広島県では、県民一人ひとりががんをより身近なものとして捉え,がん検診の重要性についての意識が高まるよう、がん検診の普及啓発や受診率の向上に力を入れています。 広島ドクターズのサイト運営会社「株式会社和多利」は、広島県「がん検診へ行こうよ」推進会議会員に所属しており、広島ドクターズを通じて広島のがん検診受診率アップに貢献したいと考えています。



広島の病院・医院をエリア別に探す
広島の病院・医院を診療科目別に探す
 
今月のピックアップレポート
痛みの少ない矯正治療/噛み合わせと、歯列に影響する生活習慣について
痛みの少ない矯正治療/噛み合わせと、歯列に影響する生活習慣について
 小跡 清隆 先生
(こせき矯正歯科)
 
よく検索されている病名・症状
咽喉頭異常感症(喉 詰まった感じ 喉の奥(喉仏) 違和感 喉(の奥) 異物感 飲み込む時違和感 (急に)喉の違和感 何科 喉 ひっかかり 飲み込みにくい 喉に何かある感じ 喉に何かくっついてる感じ 喉のつかえ 喉 (髪の)毛がある感じ 喉の圧迫感 セルフチェック 喉が締め付けられる感じ 喉に食べ物が引っかかる 食後 検査 治し方 唾を飲み込むと違和感 ストレス 閉塞感 病院 押されている感じ 喉がつかえる感じ 食べ物 嚥下 続く 喉が重い 原因)

過活動膀胱(尿意切迫(感) ストレス 原因 歩くと尿意)

乳がん(乳癌かもしれない 初期 治療)

貧血 息切れ(気持ち悪い)

形成外科って何 形成外科とは

胃の不調(胃が変 胃が気持ち悪い 吐き気 胃もたれ 頻繁 胃のむかつき 胃が重い 胃が痛い 胃がムカムカ 違和感 胃がおかしい 胃の動きが悪い 胃が動く 胃の調子が悪い 原因 胃が悪い 食べると胃が気持ち悪い 胃痙攣 繰り返す 動くと気持ち悪い 胃がピクピク動く 胃が硬くなる)

ウイルス性胃腸炎(嘔吐 下痢 熱(発熱)(高熱) 子供 お腹にくる風邪 ロタ)

尋常性疣贅(魚の目 子供 うつる 魚の目の治し方 小児科 治療 増える 足の指 原因 5歳 足の裏 幼児)

子宮筋腫(5センチ 経過観察 頻度 6センチ 7センチ 2センチ 4センチ 何センチで手術 3センチ(は大丈夫でしょうか)手術 大きさ 目安 10センチ 9センチ 8センチ 1センチ 下痢 小さい 様子見 健康診断 子宮筋腫疑い そのまま 検診)

小児てんかん(てんかん 原因 子供(突然)倒れる)

関節リウマチ(朝起きると(指の)関節が痛い 寝起き 指のこわばり 指が痛い 手のこわばり 足首痛い 朝起きると手がこわばる(手が痛い) 痛いときの過ごし方 関節痛 節々が痛い 朝のこわばり 20代)

摂食障害(食べて吐く病気 食べたら吐く(吐いてしまう) 食べたら吐きたくなる 食べて吐いてを繰り返す 食べる 罪悪感 吐く 癖)

膀胱炎(何科 産婦人科 婦人科 病院 内科 検査)

変形性膝関節症(膝がおかしい 膝が重い 違和感 膝がだるい 病気)

不安障害(急に緊張するようになった 急に不安になる 緊張 息苦しい 胸苦しい 動悸 急に息苦しくなる 外出)

流涙症(涙腺が詰まる 原因)

メニエール病(発作 耳の閉塞感 めまい)

神経内科とは(めまい 痙攣)

ほくろがん(ほくろから(出)血 真っ黒なほくろ)

花粉症皮膚炎(花粉 顔 赤くなる かゆい 首のかゆみ 花粉症 アトピー 春 顔 肌荒れ 腫れ)

機能性ディスペプシア(吐き気 治った 再発 治らない 食事 痩せた(痩せる) セルフチェック 機能性胃腸症)

頭部外傷(たんこぶ すぐ消えた 大人 頭 強打 数日後 めまい 頭ぶつけた 違和感)

子供 頭痛 熱 上がったり下がったり

顎が小さい

溶連菌感染症(いちご舌 喉に赤いぶつぶつ 舌の赤いブツブツ 気づかず放置 舌 赤い)

胆石症(血液検査異常なし)

 

自分にあったかかりつけ医をみつけよう!広島の医院・病院ガイド

自分にあったかかりつけ医をみつけよう!

西原セントラルクリニック(安佐南区)
西原セントラルクリニック(安佐南区)
よしだハートクリニック(中区)
よしだハートクリニック(中区)
医療法人 崇光会 山村整形外科
医療法人 崇光会 山村整形外科(佐伯区)
 
新着お医者さんレポート
 
【広島ドクターズは暮らしに役立つ広島の地域医療情報が満載。その病気とは?どんな症状は?どんな治療をするの?予防ついて、広島のドクターが知りたい医療情報をレポート発信。広島の病院検索も広島ドクターズで】
【広島ドクターズは暮らしに役立つ広島の地域医療情報が満載。その病気とは?どんな症状は?どんな治療をするの?予防ついて、広島のドクターが知りたい医療情報をレポート発信。広島の病院検索も広島ドクターズで】
【広島ドクターズは暮らしに役立つ広島の地域医療情報が満載。その病気とは?どんな症状は?どんな治療をするの?予防ついて、広島のドクターが知りたい医療情報をレポート発信。広島の病院検索も広島ドクターズで】
 
【広島ドクターズは暮らしに役立つ広島の地域医療情報が満載。その病気とは?どんな症状は?どんな治療をするの?予防ついて、広島のドクターが知りたい医療情報をレポート発信。広島の病院検索も広島ドクターズで】
【広島ドクターズは暮らしに役立つ広島の地域医療情報が満載。その病気とは?どんな症状は?どんな治療をするの?予防ついて、広島のドクターが知りたい医療情報をレポート発信。広島の病院検索も広島ドクターズで】
Produce : WCMS Developed : Netprompt